HALLOM(ハロム)

更新

【FP執筆】独身女性がマイホームを購入する時に気を付けたい予算の決め方

人生で一番高い買い物ともいわれるマイホームですが、ステキな物件をみるとついつい感覚が麻痺しがちなんだそうです。のちのちローンに苦しまないためにも無理のない予算設定をしてそれを厳守したいところですが、そもそも予算はどの程度に設定すべきなのでしょうか。チェックしてみましょう。

横山光昭

  • 閲覧数:75 views

目次

  1. ○持ち家選びの注意点 予算を決めてその範囲内で買う
  2. ○予算オーバーな物件を買うと月々の返済がきつくなる!
     
    • 持ち家選びの注意点 予算を決めてその範囲内で買う

      家を買うにあたっては、

      ① 事前に予算を決めること

      ②その予算を確実に守ること

      この2つが非常に重要です。
      それでは、予算をどのようにして決めたらいいのか─ということになりますが、よくいわれる目安は、その人の年間所得の5〜6倍です。仮に手取りが年300万円なら、1500万〜1800万円くらいの出費が妥当ということです。
      加えて、不動産を買う際には、土地建物の価格とは別にさまざまなコストがかかり、これは基本的に現金で用意する必要があります。諸費用は、目安として新築物件で物件価格の3〜7%、中古物件で物件価格の6〜10%かかるといわれます。
      中古物件のほうが、仲介手数料の分、コストは新築より高くなりがちですが、新築でも仲介業者の手数料が発生する場合は、中古物件と同じくらいかかります。そのため、諸費用は大体物件価格の10%程度と想定しておけばいいでしょう。
      1800万円の物件を買ってしまうと、諸費用の上乗せによって、実際にかかるお金は2000万円近くなります。予算を守るのであれば、1600万円程度までの物件なら買っていいということになるわけです。
      といっても、この金額を丸々借金していいわけではありません。なるべく、頭金として、物件価格の20〜30%は前払いできるようにしておきましょう。1500万円の物件なら、300万〜450万円程度です。
      当然ながら、頭金が多ければ多いほど、借金は減らせます。借金を減らし、60歳までに15〜20年かけて、無理なく返済していくのが理想です。60歳以上になると、勤めていても給料を減らされる場合が多いので、完済の年齢は60歳を目安としておきましょう。もちろん、それより早い分にはまったく問題ありません。
      逆に頭金が少ない場合、予算を守っていても、場合によっては返済がきつくなるかもしれません。そのため、家を買いたいと思ったら、まず頭金を貯めるのが鉄則です。頭金が貯まらないうちにショールームに見学に行き、ついフラフラと契約してしまうパターンもよく耳にしますが、絶対にNGです。
      物件は日々売買されているので、気に入った物件があっても、お金が貯まる前に売れてしまうことはよくあります。不動産業者も「早く買わないと売れてしまう」といったことをささやいて、早めに買わせようとしてきます。
      そうなると、頭に血が上って契約してしまい、多額のローンを背負うことになりかねません。このような事態を防ぐためにも、基本的にお金が貯まるまでは、物件探しをしないほうがベターです。
    • 予算オーバーな物件を買うと月々の返済がきつくなる!

      たとえば…
      40歳おひとり女子が、頭金200万円を出し、諸経費込みで2500万円のマンション(借り入れは2300万円)を買う場合

      前提条件

      都心部などでは、ひとり暮らし向けマンションで、新築2000万円台の物件は少なくありません。「これくらいなら手が届くかも……」と思う人もいるかもしれませんが、頭金が少ない状態で買うと、毎月の返済額は10万円弱に。収入が多いならともかく、そうでない場合は大きな出費です。しかも、定年までそれが続くと、繰り上げ返済はおろか、老後に向けての貯金もできず、不安な状況に陥ってしまいます。

おひとりを不安0で生き抜く女子貯金

横山光昭

祥伝社

第1章 「わたしって一生おひとり?」と思ったらより

「もしかして私、一生シングルかも?」と思っても困らないためのお金の話、教えます。夫なし、子どもなしでも余裕で過ごせるマネーバイブル。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ