HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

【医師執筆】健康への近道!乳酸菌を増やす生活方法

よく耳にすることが増えた『腸内フローラ』。腸内環境のことでしょ?とぼんやりとしたイメージはあるものの、きちんと理解されている方は多くないのではないでしょうか。腸内フローラとは何か、整えるとどのようなメリットがあるのか、腸の専門医の著書からご紹介します。

後藤利夫

  • 閲覧数:91 views

目次

  1. ○健康への近道は、乳酸菌を増やす生活をすること
     
    • 健康への近道は、乳酸菌を増やす生活をすること

      乳酸菌が棲みかとする腸には、体内の約9割の細菌が棲みついており、その数は約100兆~1000兆個、種類は数百、重さにすると約1~2キロといわれています。人間の細胞は、最近の研究によると約37兆個といわれているので、私たちの体の中には、自分の細胞よりもはるかに多い数の細菌たちがいることになります。
      腸内にいる細菌は、菌種ごとにひとかたまりになって、腸の壁に隙間なく張り付いています。その状態が品種ごとに咲き並ぶお花畑のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれることもあります。これを正式には、腸内細菌叢ちょうないさいきんそうといいます。腸内フローラには、乳酸菌のように私たちの体を守るはたらきをしている善玉菌ぜんだまきんばかりではなく、増えすぎると体に悪さをする悪玉菌あくだまきん、状況によって善玉菌の味方をしたり悪玉菌の味方をしたりする日和見菌ひよりみきんの3種類が棲みついています。
      もっとも、「善玉」「悪玉」と言っているのは人間からの視点であって、細菌たちはそれぞれ、自分たちが生き残るための活動をしているにすぎません。
      腸の中で、善玉菌は発酵活動を、悪玉菌は腐敗活動をしています。
      発酵と腐敗、どちらが体によいかは、味噌やチーズなどの発酵食品と腐った食べ物を比べたら、すぐにわかると思います。
      善玉菌は糖分や食物繊維を食べて発酵させ、乳酸や酢酸さくさんなどをつくることで、腸内を弱酸性にします。悪玉菌はタンパク質や脂肪を食べて腐敗させ、ニトロソアミンや二次胆汁酸にじたんじゅうさんなどの発がん物質や毒性物質をつくり、腸内をアルカリ性にします。
      腸内が酸性に傾くと悪玉菌は増殖できなくなり、有害物質をつくれなくなります。また、外から入ってくる悪い細菌も、多くはアルカリ性の環境を好むため、腸内に入ってきても酸によって死んでしまいます。
      善玉菌が腸内を弱酸性にできるのは、腸内フローラのバランスが善玉菌優勢のときです。
      腸内フローラの理想のバランスは、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割。
      しかし、腸内の菌たちの居住スペースには限りがあるため、善玉菌と悪玉菌は、それぞれの領地を少しでも広げようと常に小競り合いを続けており、この勢力図は日々変動しています。
      ただし、悪玉菌がゼロになればよいかというと、そうではありません。悪玉菌は、肉類などのタンパク質を分解して、便として処理できるようにしてくれています。悪玉菌も、私たちには必要な菌なのです。
      健康のために大切なのは、善玉菌と悪玉菌のバランスを保つこと。
      善玉菌を増やすためには、第一に栄養バランスのとれた食事や適度な運動など、規則正しい生活を送ることが大切です。しかし、何かと忙しい現代では、食生活が偏ってしまったり、生活も不規則になりがち。そうなると腸内フローラが悪玉菌優勢に傾き、体のあちこちに不調があらわれるようになるのです。
      私たちが健康でいられるかどうかは、腸内フローラのよいバランスを維持できるかどうか。つまり、善玉菌にやさしい生活ができるかどうかにかかっています。

乳酸菌がすべてを解決する

後藤利夫

アスコム

第1章 健康になりたければ乳酸菌を摂りなさい!より

乳酸菌をとるだけの簡単健康法!たったこれだけで腸をクリーニングして、病気と不調を遠ざける!症状別あなたに合う乳酸菌の選び方大公開!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ