HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

生物学から見た理想的な会社での役割分担

原始の時代では、集団の中での仕事は必要に応じて自然発生的に出現したと考えられ、同時にそれは出来る人が担うことが自然なものでした。一方、現代の会社では役職が先にあり、そこに人をあてがうのが一般的になっていますが、どちらが理想的な社会と言えるのでしょうか。生物学者が思う理想の社会像をご紹介します。

長沼毅

  • 閲覧数:107 views

目次

  1. ○生物学から見たマネジメント
     
    • 生物学から見たマネジメント

      会社であてがわれる役割分担は、必ずしも自然発生的ではないという話をしましたが、マネジメントの面からすれば、できるだけ自然に近づける努力が必要になります。
      私(長沼毅)は、現代の会社でも、自然発生的な役割分担ができたらそれが一番だと考えています。しかしその個々の役割は、「営業部」や「総務部」といった、既存のポジションの名前だけでは表現できません。
      たとえば、「働かないけど、なんだかこの人がいるとまとまる・・・・んです」という役割の人がいてもいい。「かわいくてニコニコしている」という人がいてもいい。その人が自然に振る舞っていることが一番重要です。
      「雑用係」というものがありますが、これだって立派な役割だと言えます。日本語では「雑用係」という酷い呼ばれ方をされていますが、私は「ユーティリティ的存在」と呼んでいます。どう扱っていいかわからないような仕事が、その人に集まる。こういう存在は、どの組織にも一人は必要だと思っています。
      私のゼミの学生にも、ユーティリティ的存在がいます。その学生は他の学生より年下だったり年上だったりしますが、たとえば研究室を訪れたお客様へのお茶出しなどといったシーンで、なぜか自然とその学生が使われやすくなっていきます。
      その学生が任されるのは、彼/彼女が得意な仕事だったり、あるいは、誰でもできる仕事だったりします。しかし、どんなときでも私はその学生に労働対価として報酬を渡すことを大事にしています。どんな仕事にも価値がある、役に立っているのだということを、それを通じて教えたいと思っているからです。
      じつは、大学では学生を使うことが当たり前だと思っている先生が多いものです。酷い人は生徒のことを「奴隷」と呼ぶことさえあります。私も10年ほど前には、学生をこき使っていました。しかし、ある日、学生にコピーを頼むと、実験で忙しいと断られました。そのときは「そんな簡単なこともできないのか」と学生に言おうとしてしまったのですが、ふと我に返って、「それなら自分でやれよ」と自虐的に思い、それ以来自分でコピーを取っています。

考えすぎる脳楽をしたい遺伝子

長沼毅

クロスメディア・パブリッシング

第4章 群れの中で疲れずに働くより

現代人は、脳ばかりが暴走して、身体の限界を超えることをやってしまうバグを抱えているのです。本書では、「科学界のインディー・ジョーンズ」が、過酷な探検と研究のなかで見つけた、『ストレスなく、悩まずに生きる方法』を紹介します。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ