HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

洗顔後のタオルは禁止!肌を摩擦させない水分の拭き取り方法

美肌を守るために乾燥や紫外線よりも避けるべき○○があった!?元タカラヅカのヘア&メイクアップアーティストの著書より、キレイになりたい女性のためのスキンケアのコツをご紹介します!

  • 閲覧数:1,035 views

目次

  1. タオルは禁止!ティッシュオフで湿り気素肌
     
    • タオルは禁止!ティッシュオフで湿り気素肌

       

      洗顔後の水分オフに、フェイスタオルは使いません。
      私が使うのは、ティッシュペーパー。これは、肌を摩擦しないための鉄則です。
      乾燥や紫外線ももちろん避けるべき存在ですが、これらは化粧品などのアイテムで対策ができるもの。けれど、「摩擦」だけは意識を変えることでしか避けられません。

       

      先ほどもお話ししましたが、宝塚時代、公演中は時間との戦い。濡れたタオルでメイクを拭き取り、舞台に立っていました。そのため肌はすり減ってボロボロ状態……。
      どんなに高級なクリームや美容液を使っても、摩擦によって消耗した肌は、かんたんには回復できないことを、身をもって経験しました。
      みなさんも、小さい頃からのクセで、「タオルでゴシゴシ」していませんか?
      そんな悪い習慣を絶つためにも、ティッシュは有効です。
      洗顔後の濡れた顔にふわっとティッシュを乗せれば、自然と水分を吸い取ってくれます。あとは二つ折り、三つ折りにして、気になる部分をパタパタと吸水するだけ。
      普通のティッシュでもまったく問題はありませんが、肌触りのよいふわふわのティッシュを使うと、気持ちがいいですよ。

       

      ティッシュを使いはじめてわかったことですが、タオルで水分オフするよりも、顔に適度な湿気が残り、肌がもっちりするのです。化粧水や美容液のブースター(成分を浸透しやすくするスキンケアアイテム)として残った水分が機能しているのですね。
      肌をていねいに扱うという意識を体に覚えてもらうためにも、一度、試してみてください。
自分の顔に恋をする

自分の顔に恋をする

CHIHARU

かんき出版

第1章もうすっぴんを隠さないより

世界でたった一人! 元タカラヅカのヘア&メイクアップアーティストが教える、キレイになりたい女性のための美容レッスン。 ●ふっくら肌をキープする洗顔のコツ ●マスカラの塗り方ひとつでまぶたをリフトアップする ●髪と肌をツヤめかせるブラッシング ●横顔美人がこっそりしているストレッチ ●メイク直し7つの神器 メイクも、肌も、ボディも、まるごとアップデートしたら、誰にも似てないあなただけの美が進化します。

"
    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ