HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

瞑想で実現 欲に負けない賢い生き方のコツ

なんであんなことをしてしまったのだろう…という判断ミスは誰しも経験があることだとおもいます。この判断ミスは「なにかの欲」に邪魔された結果であることが多いようです。
誰にでも欲はあるもの。そんな欲に惑わされずに賢く生きるコツをご紹介します!

宝彩有菜

  • 閲覧数:149 views

目次

  1. ○判断力がアップする
     
    • 判断力がアップする

      「なんであんなことをしてしまったのだろう」という「判断ミス」を後から振り返ってみると、だいたい「なにかの欲」に正しい判断を邪魔されていることに気が付きます。
      たとえば、「これを買えば絶対もうかりますよ」「こうすれば○○が叶いますよ」と悪徳商人にだまされる場合は、「もうけたい」「○○を叶えたい」という自分の「欲」が大きすぎて、甘い言葉を信じてしまうわけです。
      自分の欲が大きくなってそのように判断を誤ることを「欲ボケ」と言います。
      「相手を信じてだまされた」と、相手だけのせいにしてしまいがちですが、そうではありません。もし、自分の側にそれらの強欲がなければ、「そんなにもうかるとおっしゃるのなら、ぜひ私より先に、あなたがお買いになったらいかがでしょう」と、親切にすすめるでしょう。もし、相手の言っていることが正しいと信じたとしても、ただ一点、自分に強欲がなければ、おいしい話に飛びつくこともありません。結果、正しい判断になっているということです。
      いくら巧みな悪徳商人でも、まったく欲のない相手はだますことはできません。
      瞑想は、自分の欲を察知して制御することですから、間違った判断をすることがなくなります。人生は選択の連続です。瞑想して欲に迷わされない正しい判断をしていれば、確実に、賢い生き方ができるわけです。
どこでもできるはじめての瞑想

どこでもできるはじめての瞑想

宝彩有菜

イースト・プレス

第1章 瞑想で「ココロ」と「カラダ」と「頭」をリフレッシュしようより

瞑想はとっても簡単。瞑想は「目を閉じてなにも考えないこと」です。時間や場所を選ばずに、誰にでもできるココロとカラダのリフレッシュ&リラックス法です。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ