HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

ひとりっ子女子に見られる特徴とは

ひとりで行動することが好きで、人と同じことをするのが嫌いな傾向が強いひとりっ子にとって、他の女子たちがキャッキャとはしゃぎがちなあの場所はまさに地獄。そんな地獄と化す意外な場所とはどこなのでしょうか。「ソロ活」の連載でお馴染みの朝井真由美さんの著書からご紹介します。

朝井麻由美

  • 閲覧数:122 views

目次

  1. ○裸の付き合い?なにそれ?
     
    • 裸の付き合い?なにそれ?

      ひとりっ子の強固なA.T.フィールド、もとい、バリアは、こんなところにも発揮される。他人と一緒にお風呂に入ることに、一切喜びを見出せないのだ。「身を清めるときくらい、ひとりでいたい」(24歳・女性)というように、人々が複数人でお風呂でキャッキャとよろしくやることに意味を感じられないのである。
      「とにかくもう、気を許していない人に対しては一切シャッターを開けたくないんですよ。一糸まとわぬ姿なんて絶対に見せなくない。で、世の中のだいたいは気を許していない相手なので(笑)」(27歳・女性
      ゆえに、修学旅行や合宿での大浴場は地獄。「○○ちゃん、一緒にお風呂行こう」なんて誘わないで。脱衣場で話しかけないで。湯船につかっている私のことはお願いだから無視して。やめて、よして、放っといて。なんなら、大浴場なんかに行かないで、部屋のシャワーで済ませたい。
      ちなみにこれは、とくに女性のひとりっ子に多く、男性のひとりっ子にはそれほどあてはまらない傾向が見られた。理由は隠す必要のある面積が少ないことに起因するのか、はたして……。

ひとりっ子の頭ん中

朝井麻由美

KADOKAWA

第2章 ひとりっ子育ちゆえにイヤなことより

ひとりっ子ほど、わかりやすい人間はいない!?ひとりっ子への徹底した対面取材に、きょうだい持ちへのヒアリング、ひとりっ子に詳しい心理カウンセリング専門家への取材など、多角的にひとりっ子を見つめなおした本書で、ひとりっ子の取扱法がまるわかり。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ