HALLOM(ハロム)

更新

アウトドアでもおしゃれに過ごすためのポイント

アウトドアでのごはんはそれだけで美味しく楽しく感じられるものですが、おしゃれ感も出せたら楽しさがより一層引き立ちますよね。しかし、普段と異なる環境での調理やセッティングであまりそこまで気が回らない…という方は多いのではないでしょうか?今回は、グッとオシャレ度が増すポイントをご紹介します。

松尾真里子

  • 閲覧数:162 views

目次

  1. ○おしゃれに見えるためには
  2. ○手際よくするためには
     
    • method
      おしゃれに見えるためには

      どうしてもおしゃれに見えない3大NGアイテム!

      ●白の紙皿と紙コップ

      ●ペットボトル

      ●ビニール

           ↓
      キャンプグッズ・キッチンツールの色を合わせる
      茶色の紙コップや、雑貨屋さんで購入したシックなトーンのゴミ箱など、現地で使用するアイテムの色のトーンを揃えます。どうしてもNGアイテムを利用する場合には、カバーをかける、ボックスに入れるなど、徹底的に隠すようにします。木目を大切にして、ブラウン、ベージュの色に統一して揃えるようにしています。

      おしゃれに見えるためには

    • method
      手際よくするためには

      どうしても手際が悪くなるNGキッチンまわり

      ●バーナーと作業場、テーブルの位置が遠い

      ●ゴミ箱の位置が作業場から遠い

           ↓
      キッチンまわりの動線をコンパクトにする
      バーナーの位置と、食材を切ったり盛り付けたりする作業場を近くします。また、お皿に盛り付けた物を置くテーブルも近くに置いておきます。振り返るとテーブルにお皿が置けるくらいの歩く必要がない配置が理想です。キッチンまわりに作業場が広くとれないことが多いので、その場合は作業用として別のテーブルなどを用意しておくと便利です。

      キッチンまわりの動線をコンパクトにする

アウトドアをもっと楽しむ おしゃれソトごはん

松尾真里子

オーバーラップ

Introductionより

インスタグラムで人気のmarimariさんのソトごはんレシピをご紹介! キャンプはもちろん、バーベキュー、ピクニックや普段の食事にも参考になるレシピを大公開!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ