HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

羞恥心はどこ行った!?電車で自宅のように振る舞う人々の謎

電車マナーの広告でよく見かける、車内でのメイクなどの問題行為。ほかにも「ここはあなたのおうちなの?」と言いたくなるような過ごし方をしている人を見かけたことはないでしょうか。
人々はなぜそのような恥じらいを欠いた行動をするようになってしまったのでしょうか?その心情に迫ります。

大崎メグミ

  • 閲覧数:5,959 views

目次

  1. ○自宅のようにふるまうヤカラ
  2. ○どうして生まれる!?このヤカラ
     
    • 自宅のようにふるまうヤカラ

      電車内は公共の場 それを忘れたヤカラ
      「電車が公共の場」ということを完全無視したこのヤカラは、主に若い男女に多く見られます。男性なら、食事、ひげ剃り、着替えなど、女性ならメイク、ヘアセット、マニキュアなど。
      「電車にいる人は二度と会わない他人」と決め込み、旅でもないのに恥をかき捨てます。
      出没時間はほぼ終日ですが、食事や着替えなどをする大胆なヤカラほど、ラッシュ時外に多く出没するようです。また、このヤカラは、座席が確保できないとあまり本性を現しません。
      一度「恥」を捨ててしまうと、二度目からは、プレッシャーなく様々な振る舞いができるようになってしまいます。自分がこのヤカラにならないためには、最初の一歩を踏みとどまることが大切です。

      自宅のように振る舞うヤカラ

    • どうして生まれる!?このヤカラ

      電車ですればいいや、という時短心

       本来は家でするべき、身支度、食事などを家ではせずに(時間が足りずに、できずに)「あとは電車の中ですればいいや」と思う気持ちがこのヤカラになる始まりです。

      羞恥心の欠如と自由を尊重する風潮

       日本人の若い世代が昔ほど恥じらいを持たなくなったことに加えて、「自由に振る舞う」ことをよしとする風潮がこのヤカラを作り出す大きな原因です。

      車内の人は他人

       羞恥心が薄れているとはいえ、顔見知りの前ではここまで大胆になれないのが普通。「電車内の人は2度と会わない」と考えるゆえに大胆に振る舞えるのでは!?

電車の中の迷惑なヤカラ図鑑

大崎メグミ

東京書店

category6 自宅のように振る舞うヤカラより

日々の通勤、通学中、思わずイラっとさせられる電車内の無法者たちをタイプごとにまとめて紹介したイラスト図鑑。<> 迷惑なヤカラたちの行動とその行動を引き起こすメンタリティーを、味わいのある絵とウィットに富んだ文章で解説&指弾。<> 読んで溜飲が下げながら、自身の乗車マナーを見つめ直す1冊です。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ