HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

【医師監修】酢しょうがの作り方と効果・効果的な摂取量と摂取方法

色々な食材を酢漬けにして食べる健康法をよく耳にするようになりましたが、特に女性にうれしい酢漬け食材をご存じですか?ダイエット・デトックス効果のあるしょうがを酢漬けにすると、冷え症の改善や生理不順にも効果的!そんな酢しょうがの効果や作り方をご紹介します。

石原新菜

  • 閲覧数:1,519 views

目次

  1. ○酢しょうがで、冷えが招くさまざまな不調を解消
  2. ○酢しょうがの作り方
     

    酢しょうが

    • 酢しょうがで、冷えが招くさまざまな不調を解消

      近年、体温を調節する機能がうまく働かず、低体温になってしまう人が増えています。実際に、35度台はもちろん、中には34度台の人も見られます。
      体温が低い状態だと血管が収縮して血流が滞り、全身の細胞に酸素や栄養素が行き渡らなくなったり、老廃物が排出されにくくなります。こうして内臓の血行が悪くなると、便秘や生理不順を招く原因になるのです。
      また、免疫力や代謝も低下します。風邪をひきやすくなったり、アレルギー症状が出やすくなるほか、糖尿病などの代謝異常の病気にかかりやすくなります。
      しょうがは体を温める効果が高く、酢にも血行をよくする働きがあります。つまり、この2つを同時にとれる酢しょうがは冷え解消に最適といえるのです。
      しょうがの主な成分は、ジンゲロール(辛み成分)とショウガオール。ジンゲロールは生のしょうがに多く含まれ、血流をよくして体を温め、頭痛や吐き気を抑える働きがあります。
      ショウガオールは加熱すると多くなる性質があり、体内にある脂肪や糖分の燃焼を助け、体を温めます。
      それにより体温が上がり、血管が拡張して血液がサラサラになるほか、高血圧予防、消化吸収力や免疫力を高める、コレステロール値を下げる、やせるなどの効果が出てきます。さらに、殺菌作用や便秘解消などの効果もあります。
      酢も強い殺菌力をもっており、その作用は腸の中でも働いて有害な細菌を除去し、腸の働きを活発にしてくれるのです。
      また、しょうがと同様に血管を拡張して血行をよくするので、代謝が上がって脂肪を燃やしやすくします。
      このような強いパワーをもち合わせたしょうがと酢を組み合わせる酢しょうがは、それぞれの作用を強め合い、さらに健康効果をアップさせることが期待できるのです。
      そのままとってもいいですし、みじん切りにして肉や焼き魚、ポテトサラダにかけてもおいしく食べられます。
      毎日大さじ1杯とれば、10日で効果は出ます。1日3回に分けてとれば、さらに効果的なのでおすすめです。

      パワーをプラス酢しょうが

    • 酢しょうがの作り方

      材料

      酢しょうが_材料

      酢(米酢または穀物酢)…適量(約350㎖)

      ※酢はしょうがにかぶるくらい必要

      しょうが…2個(170g)

      作り方

        しょうがを洗って水気を切り、少し乾かす。皮の汚れたり、傷がついている部分を包丁でそぎとる

      酢しょうが_作り方1

        皮付きのまま薄切りにする。好みで細切りやみじん切りにして漬け込んでもOK

      酢しょうが_作り方2

        切ったしょうがを保存瓶に入れ、しょうがにかぶるくらいの酢を注ぎ入れる。しょうがが酢にひたっているようにするのが保存のコツ

      酢しょうが_作り方3

        そのまますぐに使ってもいいが、冷蔵庫に入れて1日おくと、しょうがの成分が溶け出て酢となじみ、酸味もまろやかに。色も薄いピンク色に変化する

      酢しょうが_完成

       【保存方法】

       ・ 冷蔵庫で保存して1カ月以内に食べ切る(すりおろした場合は3日ほどで使い切る)

       ・ 全体が酢にひたった状態で保存する

やせるお酢活用術

健康編集部

主婦の友インフォス

酢しょうがより

手作りの酢漬けで、高血糖、高血圧、肥満、便秘、冷え、肌荒れなどがすんなり解消。12種類のカンタン酢漬けが作れる永久保存版!

    楽天ブックス オムニ7

オススメPR

関連記事

この記事に関するタグ