HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

「選んでもらう」から「私が選ぶ」へ変えると婚活は上手くいく

女性は特に恋愛や結婚において「選んでもらう」という意識が強いものです。しかしそれではあなたの幸せが人に左右されるものになってしまいます。相手に左右されない幸せをつかむためには、一体何が大切なのでしょうか。「自分を世界で一番幸せにする」=「せかしあ」を提唱するハッピーライフコンサルタントの著書からご紹介します。

恒吉彩矢子

  • 閲覧数:117 views

目次

  1. ○「私と人生を共にできる人は、なんて幸せ者なんだろう!」
     
    • 「私と人生を共にできる人は、なんて幸せ者なんだろう!」

      「誰かが私を選んでくれたら」と思っていたら、相手に左右されるようになってしまいます。
      ですからシッカリと「せかしあ」して、
      「選んでもらう」から「私が選ぶ」へ。
      そして、
      「こんなにステキな私をもらう人は、なんて幸せ者!」
      と思うようになりましょう。
      自分のいいところも悪いところも肯定して、自分で自分をシッカリ満たして自分をいつもご機嫌にしていて、なおかつ人を喜ばせることも得意になっていたら、だんだんそう思えるようになりますよね。
      ぜひ「自分を大肯定」と「せかしあ」をし続けてください。
      私はそれをやり続けたから、理想以上、、、、のパートナーを引き寄せたのだと思っています。
      ちなみに私は、自分のことを「当たりくじ」だと思っていました。
      自画自賛で恐縮ですが(笑)、いちおう私は本に書けるくらい心の仕組みを学んでいますから、それほど感情の浮き沈みがないですし、店を10年以上やるほど整体のテクニックもありますし、「せかしあ」していますから、基本朗らかで、「一緒にいると楽しい」と言ってもらえることが多い人です。
      ですから、
      「私と人生を共にできる人は、なんて幸せ者なんだろう!」
      と本気で思っていたのです(笑)。
      ぜひあなたも、「自分は当たりくじだ! 私と一緒になる人はなんて幸せ者なんだ!」と思うくらい、自分を認めて好きになってくださいね。
      そうするとどうなるかというと……。
      「私は当たりくじだよ! 嬉しいでしょう!」と言ったら、
      「おれだって当たりくじだよ。仕事好きだからしっかり働いて稼ぐし、性格も穏やかだし……」と言うパートナーを引き寄せることができるんですよ!(笑)。

いままで結婚しなくて正解だったと思える本

恒吉彩矢子

きこ書房

Chapter4 “ひとり”を楽しむより

お茶飲み友達から突然のプロポーズ。3カ月と1週間で入籍!オーバー40、実家暮らしの著者に突然訪れた「結婚」。なぜ、こんなことが起きたのか?赤裸々に著者が語ります。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ