HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

男性に「疑問形」を使ってはダメな理由とは

「今夜、空いている? 食事に行かない?」「買い物につきあってくれる?」「そこの醤油、取ってもらってもいい?」特に違和感はない疑問形ですが、男性に使う場合は要注意!知らぬ間に不機嫌にさせてしまっているかも!?

広中 裕介

  • 閲覧数:358 views

目次

  1. 会話に「?」を使ってはダメな理由
  2. 男性と女性のコミュニケーションは違う
  3. 「あなたなら大丈夫♪」と言える女になる
     
    • 会話に「?」を使ってはダメな理由

      なぜ、男性は女性からの疑問形「?」が嫌いなのでしょうか。
      女性から「?」を使われると、自分の実力を疑われているような気がするから。
      「今夜、空いている? 食事に行かない?」と聞かれたら、「君の時間に合わせられない男だと思っているの?」という気持ちになる。
      「買い物につきあってくれる?」と聞かれたら、「つきあってあげる余裕もない男だと思っているの?」という気持ちになる。
      「そこの醤油、取ってもらってもいい?」と聞かれたら、「醤油ひとつも取ってあげられない男だと思っているの?」という気持ちになる。
      男性は、女性からの「?」を、こんな具合に無意識に変換してしまうのです。女性には驚きかもしれませんが、男性の私には手に取るようにわかります。
      男性は、「認められたい生き物」です。ですから、実力が疑われると、当然、「イラッ」とします。とくに、自分が大切に思っている女性から、そんな扱いを受けようものなら、とんでもなくプライドが傷つき、「イラッ」のレベルも高くなります。
      この「イラッ」の自動変換は無意識に行われるので、恋愛の場合、男性は自分の「イラッ」の原因が、相手の女性が使う「?」だと気づいていません。
      「彼女と話していると、なんかイラッとする」という状態です。
      人間、イラッとくれば、態度や言葉に表れます。大好きな女性でも、あまりに「?」ばかり使われ続けると、イラッが溜っていき、我慢の限界を超えます。
       その結果、不機嫌な受け答えをしたり、トゲトゲしい言葉を放ったり、突然、怒ったり、邪険、無視、連絡なし……。そんなときこそ「?」を使わないであげましょう。
      Rule
      <男はプライドが高い生き物。これは変えられない。だから、あなたの望みを言えばいいだけ。
    • 男性と女性のコミュニケーションは違う

      女性が男性に対して、疑問形「?」を使ってしまうのは、自分に対して「?」を使ってもらえるのが大好きだからです。
      女性は「?」に「愛情」を感じます。
      もっと具体的に言うと、女性は「?」に相手からの愛情を感じます。
      「これから伺います」と言われるより、「これから伺っていいですか?」と尋ねてもらったほうが、「私は相手から大切にされている」と感じますよね。
      女性は、好きな男性、気になる男性に、こちらの「心配・思いやり・気遣い」を感じてもらいたくて、「?」を使ってしまうのですね。
      でも、残念ながら、男性には通用しません。
      「?」は、対女性に関してはうまくいきますが、対男性相手では、多くの場合、うまくいかないのです。
      先ほど述べた通り、「?」を使われると、男性は自分の実力を疑われた気になります。
      男性は基本的には、女性からの「心配・思いやり・気遣い」も必要としていません。むしろ、「うざったい」と思ってしまいます。
      とはいえ、「心配・思いやり・気遣い」を「標準装備」しているのが、女性という「性」でもあります。加えて、親や学校などでも、人間関係でうまくやっていくうえで不可欠なものとして、徹底的に教え込まれてもいます。
      だから、好きな人に「?」を使いたくなるのは、仕方ないといえば仕方ないこと。
      ただそうであっても、しっかり頭にインプットしてほしいのが、「?」は、「女性とうまくやる方法」であり、「男性に愛される方法」ではありません。
      好きな男性には、「心配・思いやり・気遣い」をあげなくていいのです。
      Rule
      どうでもいい男に適当に対応していたら、じつは「好かれていた」ってよくある話( 笑)。
    • 「あなたなら大丈夫♪」と言える女になる

      では、男性は女性から「心配・思いやり・気遣い」ではなく、いったい何をもらえると愛情を感じるのでしょうか。
      それは、「信頼」です。
      どんなにしんどいことやつらいことがあっても、「あなたなら、大丈夫♪」「あなたなら、できるよね♪」と言葉や態度で示してくれる……。
      そんな女性に男性は、愛情を感じるのです。
      「男には、『信頼』をあげてナンボ」
      「男性は、女性に信じられたいし、頼られたい」
      女性にそうしてもらえると、「オレってカッコいい」と、めちゃめちゃ嬉しくなる。
      逆に、男性は「心配・思いやり・気遣い」に「愛情」を感じることはほとんどありません。感じるとしたら、自分の「母親」にだけです。
      母親以外の女性からの「それ」は逆にプライドを傷つけられるだけ。
      「オレのこと、そこまで弱いって思っているのかよ」
      だから、大好きな彼にあなたがしてあげるのは、「心配」じゃなくて、「信頼」です。
      苦しんだり、悩んだりしているときほど、たくさんの信頼をあげてください。
      本当に100パーセント信頼しているかなんて、この際、関係ありません。
      とりあえず、「あなたなら大丈夫♪」と言ってあげる。
      男性を心配しても、彼からの愛情は増えません。
      心配すればするほど、あなたのもとを離れていきます。
      「心」を配るのではなく、「信じる」を配ってくださいね。
      Rule
      男の母親になっちゃダメ。お母さんは2人はいらない。

既読スルーされた数だけ幸せになれる

広中 裕介

KADOKAWA

第1章 カッコいい女になる♪より

自分を満たすだけで「運命の彼」が見つかる!1万人の女性を救った恋愛コンサルタントが教える幸せが舞い込む80のルール。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ