HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

アウトドアで絶品!サーロインステーキ丼の作り方

筋と脂肪が少なく、とてもやわらかい牛サーロイン。マリネ液にオリーブオイルを入れることで、よりやわらかくなります。その食感を保つためにも、焼き過ぎに注意。軽く表面を焼いたらアルミホイルで包み、余熱で仕上げます。レアが好きな人はアルミホイルから3分ぐらいで取り出してください。

蓮池陽子

  • 閲覧数:400 views

目次

  1. ○材料
  2. ○仕込み
  3. ○仕上げ
  4. ○ARRANGED MENU ステーキ丼
     
    • ステーキ

      材料

      [ 仕込み ]

      牛サーロイン 200g ※1~2人前

      玉ねぎ  1/2個

      塩 小さじ

      こしょう 少々

      オリーブオイル 大さじ1

      [ 仕上げ ]

      オリーブオイル 適量

      クレソン(お好みの青菜で代用可) 適量


      道具

      ・スキレット(フライパンでも可)

      ・ツーバーナー

    • 仕込み

      1.玉ねぎは1cmの輪切りにする。

      2.牛サーロインに塩、こしょうをふり、ビニール袋へ。オリーブオイルをまわしがけ、1を肉に密着するように入れる。空気を抜いて密封し、冷蔵庫*で1~2日寝かす。

      *冷凍すると玉ねぎから水分が出るので、寝かせる場合は冷蔵庫へ。

    • 仕上げ

      1.スキレットにオリーブオイルを熱し、漬け込んでいた玉ねぎを中火で3分焼く。

      2.玉ねぎを裏返してスキレットの端によせ、牛サーロインを入れて片面2分ずつ焼く。

      3.肉をアルミホイルに包み、5分ほどおく。

      4.皿に肉と玉ねぎをのせ、クレソンを盛る。お好みのソースやわさび醤油、からし醤油(いずれも分量外)を添える。

    • ARRANGED MENU ステーキ丼

      みりん大さじ3、醤油大さじ1と をスキレットで煮詰めてソースを作ります。うつわにごはんを盛り、食べやすい厚さに切ったステーキをのせ、ソースをかけたら完成。お好みでねぎやわさびを添えても、いいアクセント。ソースはステーキを焼いて肉汁が残っている状態から作ると、さらにおいしくなります。

仕込んでいくから失敗しない66のレシピ キャンプの肉料理

蓮池陽子

オークラ出版

CHAPTER3 BEEFより

自然の中で、食べて寝る。この本は、キャンプをもっと楽しむためのレシピ集です。ポイントは事前に仕込むこと。仕込むといっても、難しいことはありません。道具スーパーなどで手に入る食材を、はかって混ぜて寝かせる。後は加熱するだけだから、使い慣れない道具や環境に悪戦苦闘しなくてすみます。あなたと、そして一緒に行く人のために味わってください。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ