HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

職場不倫に向かない女性の特徴

最近、芸能界で頻発する不倫ですが、テレビの中だけの話ではありません。「自分の周りに不倫をしている人はいますか?」という質問に、9割近くのYES回答を得たという報告があるほど、今や不倫は世の中に蔓延しているのです。
してしまっている人もパートナーの裏切りを暴きたいも必見の『文春にバレない密会の方法』(キンマサタカさん著)から、相手を見る目を持つポイントをご紹介します。

キンマサタカ

  • 閲覧数:828 views

目次

  1. ○上司の悪口を言う相手とはすぐに縁を切れ
     
    • 上司の悪口を言う相手とはすぐに縁を切れ

      職場不倫は、2人っきりになることから始まる。チームを組み、出張に行き、そして、酒席を共にして……。職場不倫は好きな相手と毎日のように顔を合わせることができるからきっと楽しいことだろう。
      だが、バレる危険も大きい。そのスリルを楽しいと思えるうちはいいが、相手次第ではそう悠長なことも言ってられない。
      ふとしたことをきっかけに、相手が攻撃性を帯びることがある。いわゆる地雷化だ。だが、事前にその兆候を察知することはできる。
      そのひとつが、悪口の頻度だ。特に上司の悪口を言う相手は要注意だ。「自分を不愉快にする相手は悪い人」という発想は、いざというときに対処困難な爆弾となる。SNSに過剰な頻度で書き込みをする相手も要注意。共通するのは、自分への過度な自信だ。
      このタイプには、仕事の忙しさを言い訳に使うのがいい。仕事に対する理解を求めると、プライドの高い相手は頷くしかない。そして、自然と熱が冷めるのを待つ。その間に、誰かいい人が彼女に寄ってくるのを念じて待つしかない。無理に別れようとすれば修羅場が待っている。

      職場不倫に向かない相手を見極めるポイント

      「地雷女」とズルズルと付き合うと必ず破滅が待っている

文春にバレない密会の方法

キンマサタカ

太田出版

第2章 相手を見る目を持てより

こんな方法があったのか!!「途中でタクシー移動を挟め」「子供のお稽古は「書道・そろばん」」「あえてケータイにロックをかけない」「密会の後に行くべきはルノアール」などなど、具体的な密会ノウハウを徹底指導。目からウロコのリスク管理術。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ