HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

電話に出なくても怪しまれない浮気相手の電話帳登録名

彼のスマホが頻繁に鳴るのにチェックしたり電話に出なかったとしたらとても怪しいですし、逆の立場なら家族や恋人と過ごしているときに、浮気(不倫)相手から着信があると不都合ですよね。そんな時、少なくともその場が丸く収まりそうな登録名があるのです。
隠したい人も暴きたい人も必見の不倫(浮気)のテクニックをチェックしてみましょう。

キンマサタカ

  • 閲覧数:270 views

目次

  1. ○登録名を「保険営業」に変更せよ
     
    • 登録名を「保険営業」に変更せよ

      電話が鳴るのに取らない。浮気をしている人に見られる日常風景だ。
      平日の夜、自宅でくつろいでいたら電話がかかってくる。「誰?」
      休日に子供と遊んでいるときに、電話が鳴る。みんなの目がケータイに集まる。そこで出ないのは明らかに不自然だ。電話に出ない理由をきちんと説明できないと、疑念が生まれるだろう。こうした些細なきっかけから、浮気は露見していく。
      密会相手の電話番号を登録しないという手段もある。「知らない番号だから出ないんだ」
      最初は有効だが、同じ番号から何度も着信履歴があったとしたら、それは逆効果である。
      では、どうしたらいいか。電話番号の登録名を意図的に変更することだ。「〜勧誘」「〜保険」「〜営業」など、繰り返し電話をかけてくることが不思議でない名前に変更しておくのだ。特に保険の見直しを匂わせれば、家族思いだという好印象さえ与えられる。
      何をそんな面倒なことと思うかもしれない。でも、このひと手間がきっとあなたの密会ライフの保険となる日が来るのである。

      浮気相手かも?彼のスマホにあったら注意の登録名とは

      密会相手と保険選び、同じくらい慎重に

文春にバレない密会の方法

キンマサタカ

太田出版

第3章 パートナーの目を盗めより

こんな方法があったのか!!「途中でタクシー移動を挟め」「子供のお稽古は「書道・そろばん」」「あえてケータイにロックをかけない」「密会の後に行くべきはルノアール」などなど、具体的な密会ノウハウを徹底指導。目からウロコのリスク管理術。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ