HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

辻褄が合わない会話は命取り!職場不倫がバレない会話術

最近、芸能界で頻発する不倫ですが、テレビの中だけの話ではありません。今や不倫は世の中に蔓延しているのです。してしまっている人もパートナーの裏切りを暴きたいも必見の『文春にバレない密会の方法』(キンマサタカさん著)から、職場不倫の隠し方をご紹介します。

キンマサタカ

  • 閲覧数:585 views

目次

  1. ○会話の中で同僚の名前を出し続けよ
     
    • 会話の中で同僚の名前を出し続けよ

      職場の密会が伴侶に露呈する理由のひとつに、辻褄が合わなくなることが挙げられる。やましさから「今日は誰々と飲んでいた」と同性の同僚の名前を出すものの、そのこと自体の記憶が曖昧になって、後日そのほころびを突っ込まれて、目が泳いで、怪しまれる。想像するだけで恐ろしい。
      だったらすべてを明らかにしてしまうのがいい。会社の部署の飲み会がある。だから遅くなると。
      同僚との浮気を疑われる第一の理由が、今まで話に出ていた異性の同僚の名前が突然話題にならなくなることだという。
      疑われないように、チームの一人として(実際はマンツーマンで会うのだが)、相手の名前を出し続けることを気をつけたい。
      これは、男性よりも女性のほうが使えるテクニックかもしれない。伴侶に仕事の理解を求める女性ほど、仕事の話を家でしたくなるものだ。その流れで、さらっと仕事の飲み会がある旨を報告するのだ。
      肝心なところ以外はほとんど事実なので、いざ突っ込まれた場合も、冷静に対処できる。

      堂々とし過ぎてバレない

      その日の行動をそのまま伝えよう

      ただし、セックス以外

文春にバレない密会の方法

キンマサタカ

太田出版

第3章 パートナーの目を盗めより

こんな方法があったのか!!「途中でタクシー移動を挟め」「子供のお稽古は「書道・そろばん」」「あえてケータイにロックをかけない」「密会の後に行くべきはルノアール」などなど、具体的な密会ノウハウを徹底指導。目からウロコのリスク管理術。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ