HALLOM(ハロム)

更新

愛犬とカフェやレストランを楽しむために抑えておきたい基本マナー

旅先での食事はメインイベントのひとつ。愛犬と一緒だと楽しさもグンと高まります。飲食店では、身だしなみ&トイレマナーは必須です。みんなが美味しく食事して、気持ちいい時間を過ごすために、わんこもスマートに振る舞えるようにしておきましょう。

芸文社ムック

  • 閲覧数:67 views

目次

  1. ○おでかけマナー
  2. ○これはダメ!
  3. ○もし、店内でおしっこをしちゃったら!?
     
      旅先での食事はメインイベントのひとつ。愛犬と一緒だと楽しさもグンと高まります。飲食店では、身だしなみ&トイレマナーは必須です。みんなが美味しく食事して、気持ちいい時間を過ごすために、わんこもスマートに振る舞えるようにしておきましょう。
    • おでかけマナー

      1入店する前にトイレを済ませる

      お店やほかのお客さんに迷惑をかけないように、トイレは済ませてから入店しましょう。お店の前ではなく、できるだけ人目につかないところを選んで排泄を。すっきりすれば、安心も増し、リラックスしやすいはずです。

      2犬OKでも入店時にひと声かける

      できれば事前にお店へ連絡して、愛犬連れであることを伝えておくとスムーズ。愛犬の大きさや頭数を伝え、ペット連れのルールを確認しましょう。小型犬は抱っこかバッグに入れ、大型犬はリードを短く持って入店を。

      3店内は要リード 足元にステイが基本

      店内ではほかのお客さんの迷惑にならないよう、必ずリードをつけます。足元に使い慣れたマットを敷くとわんこも安心できます。リードフックを利用するか、手に持って常に愛犬をコントロールできるようにしましょう。

      4服やカフェマット マナーバンドを利用

      毛が抜けやすいコは服やマットで抜け毛防止を。また、ほかのわんこのニオイがあるところでは、マーキングの可能性が高くなるので心配ならマナーバンド(パンツ) を。椅子の足などにマーキングすることも多いので注意して。

      5人の料理を分け与えない

      人の料理を与えたり、食器を使わせるのはダメ。お店に断ってから持参のフードやおやつを与えましょう。エサの持ち込み禁止のお店もあるので注意。わんこのお水&トレイは持参するのが基本。床を汚さないように注意して。

      6ごほうびにドッグメニューを

      わんこにとって知らない場所でじっとしているのはストレスになることも。お店でドッグメニューを用意している場合は、おとなしくしていられたごほうびとして最後に与えると効果的。カフェは楽しい場所!という認識に。

    • これはダメ!

       ×雨の日など汚れたまま入店しない

       ×管理できない頭数を連れて行かない

       ×人の通路に座らせない

       ×テーブルに足をかけさせない

       ×トイレシートを敷かない

       ×リードを長く伸ばさない

       ×ほかのわんこにちょっかいを出させない

       ×大声で愛犬を叱らない

       ×吠えやまないなら退席を

       ×人間用の料理を与えない

       ×人間用の食器を使わせない

    • もし、店内でおしっこをしちゃったら!?

      速やかに後始末してきちんと謝罪を
      入店前にトイレを済ませていても、粗相してしまうことも。そんなときは飼い主さんが速やかに責任を持って後始末を。持参したトイレシートでオシッコを吸い取り、ウェットティッシュできれいに拭いてから消臭スプレーを。お店の人に正直に話して謝り、必要なら掃除道具を借りましょう。また、トイレが心配だからといってカフェマットがわりにトイレシートを敷くのはマナー違反です。

わんこと日帰りさんぽ旅

ムック

芸文社

わんことおでかけ持ちもの&マナーガイドより

次の週末は愛犬と日帰り旅行に出かけてみませんか?都心のオシャレな街も、ひと足のばした郊外も、ドライブで巡る大自然も、わんこと一緒だといつもと違う景色に見えてきます。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ