HALLOM(ハロム)

更新

わんことドライブ旅行の前に!知っておきたいお出かけマナー

ドライブはわんこの安全確保が第一。わんこをドライブ好きにさせるには、いかに楽しく、快適に過ごせるかがポイント。休憩場所となるサービスエリアでのマナーも覚えておきましょう。ペットOK のレンタカーもあるので利用してみては。

芸文社ムック

  • 閲覧数:52 views

目次

  1. ○おでかけマナー
  2. ○サービスエリアのルール&マナー
  3. ○これはダメ!
     
      ドライブはわんこの安全確保が第一。わんこをドライブ好きにさせるには、いかに楽しく、快適に過ごせるかがポイント。休憩場所となるサービスエリアでのマナーも覚えておきましょう。ペットOK のレンタカーもあるので利用してみては。
    • おでかけマナー

      1出発前に早めの食事とトイレ

      車に乗る前にトイレを済ませておきましょう。また、車酔いが心配なわんこは、出かける朝の食事を早めに済ませましょう。量を減らし、消化のいいものを与えるのもおすすめ。

      2後部座席に愛犬の席を作る

      愛犬の席はケージやクレートなど強度のあるキャリアを後部座席に置き、シートベルトで固定するのがベター。愛犬の大きさや頭数に合わせて、市販のカーグッズを上手に利用して。

      3休憩と水分補給はこまめに

      ドライブ慣れしているわんこでも興奮しやすくなっているので、水分補給はこまめに。休憩は1 ~ 2 時間ごとが目安です。トイレや水だけでなく少し散歩してリフレッシュさせて。

      4車酔いしたら喚起&休憩を

      車酔いのサインは、あくびやよだれが多い、落ち着かない、心細げに鳴くなどです。愛犬が車酔いしてしまったときは、窓を少しだけ開けて換気し、できるだけ早く車を停めて休憩を。

      5ドアを開ける前にリードを着ける

      車を降りるときは、愛犬にリードをつけてからドアを開けるのが鉄則。また車が多い場所では、小型犬は抱っこかバッグに入れて、大型犬はリードを短く持って、端を歩きましょう。

      6わんこだけ車内に残さない

      短時間であってもわんこを車内に残すのはやめましょう。夏は車内の温度が上昇して危険なうえ、ムダ吠えやストレスの原因に。誰かが一緒に残るか、一緒に連れて行きましょう。

    • サービスエリアのルール&マナー

      トイレは人目を避ける

      周囲の迷惑にならないよう、人目につかないところで排泄させ、ウンチは持ち帰ります。オシッコしてしまったときは水で流して清潔に。ペット専用トイレがある場合は利用しよう。

      施設内はペット入店禁止

      ペットOK のドッグカフェやテラスOK の一部施設を除いて、サービスエリアの施設の中には連れて行けません。小型犬だからといって抱っこやバッグに入れてもダメです。

      ウンチは専用のゴミ箱へ

      ペット専用のゴミ箱を設置しているところなら、利用させてもらいましょう。ただし、通常のごみ箱にペットの排泄物を捨てるのはご法度。責任を持って家まで持ち帰りましょう。

      愛犬だけ外で待たせない

      短時間だからといって、愛犬だけを施設の外で待たせるのはやめましょう。人に食べものを与えられてしまったり、ほかのわんちゃんや子供と接してトラブルになる可能性もあります。

    • これはダメ!

       ×車内で自由にさせない

       ×運転席に乗せない

       ×窓から顔を出させない

       ×車中で留守番させない

       ×ノーリードでドアを開けない

       ×リードを車内の手すりなどにくくりつけない

       ×愛犬だけを外で待たせない

わんこと日帰りさんぽ旅

ムック

芸文社

わんことおでかけ持ちもの&マナーガイドより

次の週末は愛犬と日帰り旅行に出かけてみませんか?都心のオシャレな街も、ひと足のばした郊外も、ドライブで巡る大自然も、わんこと一緒だといつもと違う景色に見えてきます。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ