HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

自分らしさにスパイスを!女子会だからこそ履いていきたいトレンドシューズ♡

男性と会う時よりも、女性同士で集まる時の方が実はファッションに気をつかいがち。
女性同士のコミュニケーションツールのひとつがトレンドだからです。そんなお互いのファッションが気になる女子会靴の選び方をご紹介します!

横田 真由子

  • 閲覧数:33 views

目次

  1. ○女子会では、キラキラの流行靴でキラキラの時間を共有する
     
    • 女子会では、キラキラの流行靴でキラキラの時間を共有する

      男性と会うときよりも、おしゃれな女性と会うときの方が、コーディネイトに気を遣うという女性は多いのではないでしょうか?
      男性とのお食事では、ワンピースやブラウスとスカートなど、コンサバなアイテムを着ていけば大丈夫かなと思うのですが、女性と会うときのカジュアルスタイルには、技と遊び心が必要です。
      女性同士は、ファッションチェックから始まることが多いので、大人のカジュアルアイテムを上手に着こなす人は、女子会では話題の中心となります。
      適度に流行を取り入れると、会ったときに「わあ、すてき」「どこのブランド?」と盛り上がります。
      女性同士のコミュニケーションツールのひとつは、トレンドです。
      >流行の空気をまとうことで、人間関係にも新鮮な風を吹かせることができます。
      今の流行をさりげなく取り入れることのできる感性は、その人の若々しさや前向きさを感じさせるのです。
      J子さんは、天真爛漫という言葉がぴったりの少女のような人です。
      彼女の最先端のファッションは、いつも私たちを驚かせました。1年先に流行るアイテムを、いち早く取り入れていたからです。
      既成概念に囚われない発想や言動はいつも刺激的で、私は大好きでしたが、会社員としては「出る杭は打たれる」というような場面も多かったようです。
      そんなJ子さんが、地方都市の旧家のご長男と結婚したときは驚きました。J子さんの新しい発想や視点が、嫁ぎ先に受け入れてもらえるのかと、心配になったからです。
      しかし、そんな私の心配は杞憂でした。久しぶりに女子会で会ったJ子さんは、昔に比べればややコンサバなファッションになったものの、アシンメトリーのスカートにバレンティノのスタッズのついたキラキラのトレンドシューズで登場しました。
      バレンティノやジミーチューのスタッズ使いのデザインは、カジュアルスタイルの着こなしのアクセントになります。
      白いシャツとパンツというシンプルなスタイルでも、この靴をポイントにして楽しむことができます。
      彼女は「いつまでも攻める気持ちは忘れたくないよね」と、少し笑いジワの増えた目尻を下げて微笑みました。
      その笑顔は若いときよりも、靴と同様にキラキラしていました。
      J子さんの笑顔とキラキラ靴は、私に元気をくれる最強のパワー靴でした。
      どんな環境でも自分らしさを貫くJ子さんは、嫁ぎ先にも新しいキラキラした風を吹かせているのだと頼もしくなりました。
      きっと批判されることもあるでしょう。しかし、「私は私」とブレないJ子さんのメンタルの強さは頼もしく、改めて自分らしくいることの大切さを教えられました。
      彼女のキラキラしたアイテムは、人に合わせて迷うばかりの私のもやもやした気持ちを跳ね返してくれる気がしました。
      前向きな女性が集まる女子会は、沈んだ気持ちを跳ね飛ばし、元気になるキラキラした時間なのです。

      自分らしさにスパイスをきかせたいとき、トレンドシューズの助けを借りる。
すてきな靴が一歩ふみ出す自信をくれる

すてきな靴が一歩ふみ出す自信をくれる

横田 真由子

クロスメディア・パブリッシング

Chapter3 一歩踏み出す女性たちが選んだ7足より

靴を捨てることからはじめる、運命の7足の選び方。GUCCI JAPAN(現 株式会社ケリングジャパン)顧客獲得数NO.1の元販売スタッフ・横田真由子が語る、あなたの人生を変える7色の靴の選び方。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ