HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

たい焼きにも養殖と天然がある?違いと見分け方

明治後期、お目出たい鯛をかたちどったものとして誕生したたい焼き。今川焼の変形ともいわれます。たい焼きに合うおいしいあんこの作り方を紹介します。

食べもの断面研究会

  • 閲覧数:2,106 views

目次

  1. たい焼きには養殖と天然がある?
  2. 粒あんとこしあんの違い
  3. あんこのお菓子いろいろ
  4. あんこの炊き方
     
    • 明治後期、お目出たい鯛をかたどったものとして誕生したたい焼き。今川焼の変形ともいわれます。そのころは、尻尾を持って食べるスタイルで、尻尾は食べずに残していたとか。昔のたい焼きは、あんこが少なく皮も厚かったのでしょう。
      昭和になって「尻尾まであんこが詰まっている!」というのが、おいしいたこ焼きの、ひとつの定義となりました。あんこの風味、皮の食感、断面にもそのおいしさが見えてきます。

    • たい焼きには養殖と天然がある?

      ◇養殖
      養殖

      ◇天然
      天然

      たい焼きには、養殖モノと天然モノがあることをご存じですか?
      養殖たい焼きは、よく屋台にあるような、一度にたくさん作れる焼き台で焼いたたい焼きのこと。一方、天然モノは、職人が一匹ずつ手焼きするたい焼きのことです。一丁焼きともいわれます。
      養殖モノは、細やかな火力コントロールは出来ないので、ホットケーキのような、分厚くてふわふわの生地が特徴。1個食べただけでも、満腹感があります。
      対して天然モノは、薄くパリパリの生地の中に、はちきれんばかりのあんこが詰まった贅沢な味わい。軽やかな食感で、1個2個とつい手が伸びてしまいます。ギリギリの生地の量で、たっぷりのあんこを包み焼くのは、熟練の職人技がなくてはできません。

    • 粒あんとこしあんの違い

      こしあんは、粒あんの皮をただこしただけのものではありません。渋抜きのために一度煮て皮を除いた小豆を砂糖、水あめとともに煮ていくのです。皮つきのまま煮る粒あんの方が、砂糖がしみこむのに時間がかかるので長く煮る必要があります。

    • あんこのお菓子いろいろ

      あんこのお菓子

      「粒あんか?こしあんか?」
      たびたび議論になるこの問題、決着がつく日は来そうにありません。だって、かむほどに味わい深い粒あんも、ビロードのような舌ざわりのこしあんも、結局どちらもおいしいのですから。
      強いていえば、適材適所はあるかもしれません。「ようかんはなめらかなこしあんがいいよね!」とか「きんつばはやっぱり粒あん!」とか。それにだって厳密な決まりはないのです。自由に楽しむ。それがあんこ道。

    • あんこの炊き方

      あんこの炊き方

      1 小豆は水から煮始めて、湯をこぼす。この「渋抜き」を何度かくり返します。
      2 渋が抜けたら、砂糖を入れます。「氷砂糖」などの純度の高いものと、コクのある三温糖なども合わせて使います。
      小豆は、それだけではサラサラですが、お砂糖の力でとろりとなっていきます。ひとつまみの塩で驚くほど味がはっきり!

      渋抜きとは…
      小豆には強いアクが含まれるので、それを取り除く必要があります。小豆をたっぷりの湯でゆで、その湯を捨てることを「渋抜き」といいます。

ヒミツがまる見え! 「おいしい!」の断面

食べもの断面研究会

サンクチュアリ出版

甘味の中身

喫茶店で食べるなつかしい「ナポリタン」。みんな大好き「カレーライス」。なぜか無性に食べたくなる「カップ麺」。口に入れたとたんに「おいしい! 」と感じる幸せな味たち。その味のヒミツに迫るべく、みんなが愛するメニューや食材をまっぷたつに切ってみました!だから、うまい!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ