HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

男性が求めている「理想の結婚相手」とは

恋愛の主導権は女性が持っているケースが多いですが、結婚ではどうでしょうか?男性は結婚にはかなり慎重な傾向があります。
そんな男性に結婚したい!と思わせるのはどのような女性なのでしょう。婚活スペシャリスト・佐藤律子さんの著書「ずるいくらい思いのままに恋が叶う」より、理想の結婚相手像をご紹介します♡

  • 閲覧数:1,912 views

目次

  1. ○男が求めている「理想の結婚相手」
     
    • 男が求めている「理想の結婚相手」

      男女の関係の中で、「恋愛」では女性が主導権を持っています。
      2人でどこへ出かけるか、何を食べるかなどのイベントの内容を決めるのはほとんどが女性ではありませんか?
      しかし、それが「結婚」となると、主導権が男性に移るという逆転現象が起こります。
      男性にとって「恋愛」はとてもラクなことです。女性にとっては命がけの恋でも、男性にとっては「恋愛をただ楽しむ相手」なのです。
      見た目に魅力的で、精神的に打ち解け合えて、肉体関係を持つことができる。
      これが男性にとっての恋愛です。不倫も同じ感覚です。ところが「結婚」となると話は別。
      安心して家庭をまかせられる女性か? 信頼できる相手か? など、結婚となると男性はかなり慎重になります。
      男性にとって結婚相手とは、「家庭とお金を守ってくれる人」。
      ですから、恋人時代のように、お互いが自由に時間やお金を使える環境ではなく、お互いに前向きに節度ある行動をすることが求められます。
      そして「癒やし」です。男性はどんなときに癒やしてほしいのか、それは概して「疲れているとき・落ち込んでいるとき」です。それを察して癒やしてあげられる女性は結婚したいと思われます。
      男性が求める癒やしとは、つまりストレスからの「解放」です。これが癒やしです。男性がしたいことをできる環境、望んでいることを言える環境をつくれるかどうか。「家庭」という癒やしの場所をつくる覚悟が必要なのです。結婚は「生活」です。
      「楽しくて穏やかな家庭が築けそう」と思える女性こそ、男性にとっての理想の結婚相手なのです。

       

      特に嫉妬深い男性は魅力的な女性を警戒して(他の男性に声をかけられて浮気するかも!? という心配)、あえて美人を選ばない傾向があるくらいです。
      彼と結婚したいならば、一刻も早く恋愛相手から結婚相手にシフトチェンジしなければなりません。
      だから、「結婚」を決める、最終決定権は男性が持っていると言えるのです。仮に女性からプロポーズしても関係ありません。結婚するかどうかの決定権は、男性にある。そのことをしっかり覚えておきましょう。

      Lesson Point

      恋愛の主導権は女性でも、結婚の決定権は男性にある。

ずるいくらい思いのままに恋が叶う

ずるいくらい思いのままに恋が叶う

佐藤律子

かんき出版

第2章思いのままに恋が叶う!異性間コミュニケーションレッスンより

理想の彼と出会う。彼を恋に落とす。何度でも、彼に恋される。読むだけで最強の恋愛マスターになれるLove guidebook

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ