HALLOM(ハロム)

更新

彼氏との関係を円満にするための3つの心構え

恋愛においてはどうしても「好きな気持ち」が暴走してしまい、結果的に相手を傷つけてしまうこともあります。そうならないためには、何が大事なのでしょうか?男女間を円満にする3つの「カン」をご紹介します♡

  • 閲覧数:902 views

目次

  1. ○男女の関係を円満にする3つの「カン」
     
    • 男女の関係を円満にする3つの「カン」

      恋愛でも結婚でも、男女間を円満にするには3つの「カン」が必要です。

       ①関心を持って(カンシン)

       ②干渉せず(カンショウ)

       ③感謝する(カンシャ)

      たとえ結婚には至らなくても、恋愛は多くのことを学ぶことができます。
      だめんずのような人と付き合って失敗しても、「そういう人を選んだ自分」を見つめる機会になりますし、人を見る目を養うチャンスだと思えばいいのです。
      逆に経験豊富な人でも、恋愛する相手が替われば、そこからまた学べることがあるので、永遠に学びは続きます。「コミュニケーション」「ホスピタリティ」「センス」「マナー」…。
      恋愛とは、「人と深く関わる」ことですから、人間について嫌でも学習します。
      恋愛では「私の好きな気持ち」が暴走しがちなので、相手への「好きな気持ち」の押しつけが、自己満足の自己愛かもしれないことも多いのです。
      なので、好きな人に理解してほしいことは、自分勝手なエゴにまみれていることが多く、自分ではそんなつもりはなくても、相手を傷つけてしまうことがよくあります。
      そして、エゴが満たされない自分も相手から傷つけられたと思ってしまう。
      恋愛も結婚も、いつでも相手が主体です。譲れない夢や目標などの人生設計はあっても、基本的には「相手の気持ちを大切にする」ことを考えて行動すること。
      自分の都合だけで物事を進めれば相手の負担になり、その関係は崩壊します。
      お互いが相手の気持ちを理解しようと努力し、尊重した行動を心がけることが大切です。
      そして、お互いの存在に感謝して、幸せにしたいと思うこと。
      つまり、お互いに関心を持って、干渉せず、感謝する。
      この感覚があるかどうかが、「自己愛」と「純粋な愛」の大きな分かれ目になるのです。

      Lesson Point

      お互いが相手を尊重し、感謝して幸せにしたいと思うことが純粋な愛。

ずるいくらい思いのままに恋が叶う

ずるいくらい思いのままに恋が叶う

佐藤律子

かんき出版

第2章思いのままに恋が叶う!異性間コミュニケーションレッスンより

理想の彼と出会う。彼を恋に落とす。何度でも、彼に恋される。読むだけで最強の恋愛マスターになれるLove guidebook

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ