HALLOM(ハロム)

更新

イケメンとの会話が苦手な方必見!緊張せずにイケメンと話すには?

イケメンを目の前にすると緊張して上手く話せないという方は意外と多いのでは?そんな人のために「たった20日で愛を手に入れるための本」より小説家 柴崎竜人先生と4人のキャラクターが対談式であなたに助言します!

  • 閲覧数:48 views

目次

  1. ○登場人物紹介
  2. ○自分を〝特別な人〞に変える!
  3. ○結論
     
    • 登場人物紹介

      柴崎竜人先生

      柴崎竜人先生

      本企画の特別講師。小説家。
      イケメンなお顔に油断したところに、心がえぐられるような真理を相手構わず突きつけるスタイルで、泣かせた女子は数知れず。

      つん子

      つん子

      恋愛には人一倍興味があるけど、妄想止まりのヘタレ。
      人に悪く思われたくない願望が強く、冒険ができない20代。

      メガ美

      メガ美

      恋愛しているヤツは全員死ね!と言い切る30代女子。
      外見コンプレックスをこじらせ気味で自信不足。

      ふじっこ

      ふじっこ

      既婚子持ちの勝ち組美人。30代。
      しかし、好きな芸能人に軽自動車レベルの金銭を貢いでいる。

      ルイルイ(補欠メンバー)

      ルイルイ

      もっとも悩み・文句が少なく見える”色気より食い気”20代女子。
      言わないだけにその根は深く…!?
    • 自分を〝特別な人〞に変える!

      緊張せずにイケメンと話す方法は?
      イケメンを目の前にすると「自分なんかが話しかけていいのかな」とか「どう思われるかな」と萎縮してしまい、あげくテンパって変な行動をとってしまいます。
      イケメンと普通に話したり、恋人とは言わなくても、せめてお友達になってみたいのに……。
      どうしたら緊張せずに話せるようになりますか!?
      相談者/つん子・27歳(編集者)

      柴崎先生(以下、先生)❖この章も、つん子のお悩みからのスタートなんだね(笑)。
      つん子◆イケメンと緊張せずに話したいんです! どうしても!
      メガ美◆わかる! 相手がイケメンだというだけで、何も話せなくなる自分変えたい!
      先生❖え。でも「イケメンと恋したい」っていう、ももCの相談のとき、二人とも、ももCに上から目線で注意してたじゃん。イケメンなんてヨユーなんじゃないの?
      ふじっこ◆ももCが後輩だから、先輩ぶりたかっただけだよね(笑)。
      つん子◆いや(汗)! まぁ……そうです。先輩ぶっていただけです! それに私、ももCみたいに、イケメンと恋したいわけじゃないんです。普通に話したいだけなんです。
      メガ美◆普通の挨拶ですら、イケメン相手だとハードル高い……ビビってしまう……そういう女子って実は結構いるんですよ。そんな、こじらせ女子たちのためにも、ぜひご教授いただければ!
      先生❖えー、そんな悩むようなことなのかなぁ? まぁいいや。まず、緊張の理由を把握することが大事だよね。相談ってだいたいそうなんだけど、相談者が、自分がどうして悩んでいるのか、理由をわかってないことが一番の問題だったりするから。とりあえず、二人の言うイケメンってどんな人? 〝顔面が特上〞ってこと?
      つん子◆それもそうなんですが、ええと……いざ考えてみると、うまく言えないというか……イケメンはイケメンというか……さり気なく女子をエスコートしちゃうようなスマートな人……?
      先生❖それもイケメンなの?
      つん子◆う……そういう人って、たいがい外見もイケてますし……。
      メガ美◆いやいや。私たちが緊張するイケメンってのは、要はアレですよ。陽の当たる場所を堂々と歩いてる系の……キラキラしてる的な……。
      先生❖エースね。
      メガ美◆そう! エースです!
      先生❖学校ならサッカー部とか、イケてる部のスタメンにいるようなヤツね。運動神経が良くて、友達も多くて、そのせいかカッコよくも見えるっていう、学校の人気グループでしょ。
      メガ美◆はい。だから、どんなに行動がスマートで気が利いても、ブサイクだったりオタだったりには緊張しないです。
      先生❖うん、結局そこだよな。要は〝顔面が特上〟の相手に緊張してしまうっていうより、〝自分より優れている相手〟に緊張しちゃうんだよね? もう一度自分が緊張する相手を考えるとわかると思うんだけど、容姿が美しい人だけじゃなくて、たとえば自分より仕事ができる人、自分よりスポーツができる人、人気がある人、自信がある人、有名な人とかじゃない?
      つん子◆そうです!
      先生❖だとすれば緊張する理由は、コンプレックスからきてるんだ。
      一同◆たしかに……!
      ふじっこ◆コンプレックスを刺激される相手──裏を返せば、どこかしら憧れてる相手ってことかぁ。
      先生❖そう。その憧れの相手と自分の間には、圧倒的な実力差がある。にもかかわらず、同じ土俵に立ちたい、対等な立場で話したいと思うから緊張する。「認められなかったらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」「バカにされたらどうしよう」って。
      つん子◆そうなんです! だから、緊張しなくなる方法をですね……。
      先生❖いいじゃん、緊張しても。
      つん子◆へ?
      先生❖なんで緊張しちゃいけないの。自分が緊張できる相手って貴重だよ。自分の背筋がバッと伸びる、組んでいた足をきちんと正す、そんな人がいるって自分にとってすごくいいことだと思うんだよね。たとえば仕事でもさ、あの人に追いつきたい、認められたいっていう気持ちはモチベーションになる。そしていつか憧れだった人と対等に仕事ができるようになれば、素晴らしいことでしょ。それを会った瞬間から「緊張しないようにするには、どうしたらいいんだろう」なんて、ある意味おこがましいよ。
      一同◆ご……ごもっともです……。
      先生❖仕事以外でもそう。大好きなアーティストや俳優さんと会ったとしてさ。緊張しないなんてどんだけ不遜かと。だって好きなんでしょ? 憧れてるんでしょ? 緊張して当然じゃない。敬意だよ、緊張は。
      ふじっこ◆敬意!
      つん子◆思いつきもしませんでした……。
      先生❖緊張しないほうがいいっていうのは、間違った刷り込みのような気がするんだよね。
      つん子◆私、イケメンがアーティストだと思えば、話せるような気がしてきました!
      メガ美◆あの……先生。緊張してもいいことはわかりました。でも、こと恋愛では問題ですよね。緊張のあまり変なことしちゃったりしたら、うまくいくものもいかないような……。
      先生❖まぁ、気持ちはわかるけど。それなら「緊張しちゃう」って初めに言っちゃえば? 気持ちはラクになるし、相手にも好印象だと思うよ。
      メガ美◆本当ですか?
      先生❖さっきも言ったけど、同じ土俵で話そうとするから、緊張するのであって。憧れの相手だと認めて先に降参する。お腹を見せる。そうすれば、緊張も少しほぐれるんじゃないの。
      ふじっこ◆それわかります。背伸びする必要がないとラクですよね。
      メガ美◆自分から先に言っちゃうとか、アリなんですね。あとは、徐々に慣れていくのみ?
      先生❖うん。緊張してもいいから、敬意を見せてもいいから、話していこう。気づいたときにはきっと前より楽に話せてるよ。
      つん子◆が、頑張ろう……。
      先生❖緊張は敬意であり、好意でもあるから伝えたほうがいい。──ちょっと話はズレるんだけど、僕の男友達が超人気ミュージシャンFさんの大ファンでね。ある日、とあるご飯屋さんで食事してたら、偶然そのFさんが店に来たんだ。友達はFさんと同じ空間にいるだけで緊張しまくってて、食事もろくに喉を通らなかった。Fさんはプライベートで来てたっぽくて、邪魔しちゃいけないとは思ってたんだけど……でも昔から熱烈なファンだったし、こんな機会はもう二度とないんだと思って、彼は勇気を振り絞って声をかけたんだよ。「こんなところで本当にすみません。ずっと昔からファンです。握手してください!」
      って。そうしたらいやな顔もせずに「ありがとう」って握手してくれたんだって。
      一同◆すげーっ!
      先生❖うん、彼はもう大喜びで大興奮だよ。一生の記念だって言ってさ。そうして興奮して食事しているうちに、いつの間にかFさんは先に帰ってて。彼は最後に握手してもらったお礼と、邪魔をしてしまったお詫びを言えずに残念がっていたんだけど、いざ自分のお会計ってなったときに、店員さんから「お会計は、すべてFさんからいただいておりますので」って……。
      一同◆ヒィエェェ〜〜!!
      先生❖超カッコいいよね……。
      ふじっこ◆何それ超カッコいい!
      メガ美◆イケメンすぎる!!
      先生❖友達は握手してもらっただけじゃなく、サプライズをプレゼントされたんだ。決して忘れられないような思い出をもらって、自分を特別な存在にしてもらった。でも、もし彼が勇気を出して「あなたのファンです」って言わなければ、こんなことは起きなかったよね。もちろん、そこにはFさんの男気や人間性が大前提で存在する。だけど友達がどんだけ大緊張しても、ちゃんと勇気を振り絞ったから、相手にもその敬意と好意が伝わったんじゃないかって思うんだ。
      メガ美◆緊張するって逃げてたら、スペシャルなチャンスも逃がすってことですね。
      先生❖そう。ずっと言ってるよね、「好きはガンガン伝えろ」って。好意を示すことは、なんの損にもならないから。むしろ得しかないよ。それこそイケメン側だって、人に好意を向けられて「なんだこいつオレ様に」って思わないだろうし。逆にもしそう思うような人間だとしたら、そいつは……
      一同◆「クズ」ですね(笑)!
      先生❖そう、クズ。その後関係を築く必要もない。
      つん子◆……なんか、憧れとか敬意って伝えていいんだって思ったら、気が楽になりました。
      先生❖自分が先輩になったとき、後輩に憧れられて「先輩みたいになりたい」って言われたら、憎からず思うはず。自分に敬意を払う後輩と、払わない後輩。どちらに目をかけるかって、カンタンな話だよ。たしかにドキドキするのは心臓に悪いけどさ、きちんと気持ちと向かい合えば、緊張は自分を〝特別〟にする力になると思うな。
    • 結論

      緊張はしてもいい。相手に伝えることで、自分を〝特別〟に変えろ。

    • その他、たった20日で愛を手に入れる方法はこちらの本で! ↓
たった20日で愛を手に入れるための本

たった20日で愛を手に入れるための本

柴崎竜人

小学館

P8-9、128-135より

Cheese!で3年にわたって掲載された人気コラムの単行本化!読みやすい対談式×23ものケーススタディ×男女両視点のアドバイス。「苦手な同性への認識を変える」「年上男性へのアプローチを変える」実際の相談と回答から、きっと見えてくる―あなたにも絶対にある、まだ変われる、もっと愛されるために必要なこと。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ