HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

タイプによって濃さが大違い!正しい香水の使い方

ほのかに良い香りがする女性ってそれだけで素敵ですよね。でも、真似をして同じ香水を付けてみたら、何だか匂いがきつ過ぎる!なんて経験をしたことがある方も少なくないのではないでしょうか?一口に香水と言っても、その濃さは様々であり、使い方もそれによって変える必要があります。自分も周りも不快にならない香水との付き合い方をご覧ください。

岩下宣子

  • 閲覧数:70 views

目次

  1. ○つける場所と時間に注意! 香水の基礎知識
  2. ○濃度で名称が変わる 香りの分類
  3. ○時間が経つと変わる 香りの変化
  4. ○香りの持ちが良い つけ方&つける場所
     
    • つける場所と時間に注意! 香水の基礎知識

      香りは、自己アピールのひとつ。魅力を高めるアイテムとして効果的ですが、一歩間違えると周りの人を不愉快にすることも。正しい知識やつけ方を学び、自分に合う香りを探しましょう。
    • 濃度で名称が変わる 香りの分類

      香水は、香料による分類や香りのタイプによって濃度が濃いものから薄いものがあります。おしゃれや気分転換など香水をつける目的はいろいろありますが、濃度の違いを知っておくと選びやすくなります。

      パルファン

      濃度が高く少量で効く。香りも5~7時間と長持ち。1滴ずつ垂らして使います。1滴で長時間香るので、つけ過ぎに注意。

      オーデ・パルファン

      パルファンよりは濃度が低いものの、5時間前後香りが長持ち。スプレーで1~3プッシュ程つけます。

      オーデ・トワレ

      濃度が低く、気軽に楽しめる。香りの持続は3~4時間。薄れたらアトマイザーで1~2プッシュ程つけ直すと良いでしょう。

      オーデ・コロン

      香りが一番ソフト。持続も1~2時間程度で短い。ほのかな香りが魅力で、お風呂上がりなど気分転換に使うのもおすすめ。

    • 時間が経つと変わる 香りの変化

      香水はさまざな香りを調合しているため、時間とともに香り方が変わります。また香水をつける人の体温や体調によっても変化するので、注意が必要です。

      トップ・ノート

      肌につけてから5分~30分後の香り。香りがきつく出る時なので、外出前や食事時は注意。

      ミドル・ノート

      肌につけてから30分~2時間後の香り。香水のメインの香りであり、人に印象づけられます。

      ラスト・ノート

      肌につけてから2~4時間以降の香り。自分の体温などで香りが変化し、自分らしさが出てきます。

    • 香りの持ちが良い つけ方&つける場所

      香水を直接肌につけるかアトマイザーで吹きつけます。パルファンの場合は1、2滴、スプレータイプは肌に吹きつけましょう。つける場所は、足首、膝の裏、腕の内側、手首、腰など。日に焼けるとシミになる首やデコルテ、汗が混じり香りが変化してしまう脇の下や髪にはNGです。

      Point! 香りをつけるタイミングが大切

      お見舞いや飲食店では避けましょう。特に和食で香水は絶対にNGです。会社やドライブデート、映画館などの密着する場所でも香りは控えめにするのがマナー。ハンカチやコートなどにつけると良いでしょう。人と会う時は最低30分前にはつけておくのがベスト。

大人のFashion&Manners style book

岩下宣子

東京書店

第2章 気配り上手で女子力アップのシーン別STYLEより

人気イラストレーターmaegamimamiさんのイラストで伝えるファッションからみせるマナー本。 通勤服やTPO別のファッション、そしてビジネスマナーや美しい立ち居ふるまいまで即実践できるテクニックをイラストで紹介。また基本的な慶事と弔事の作法からテーブルマナーまで。女性なら身につけたいしぐさや着こなしを教える永久保存版がここに完成です。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ