HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

ペットボトル症候群とは?カロリーオフとカロリーゼロの違い

清涼飲料水を大量に取ることで起こる急性の糖尿病は、ペットボトル症候群ともいわれます。あなたも気が付かないうちに砂糖をたくさん摂り過ぎているかも知れません!

井奥 昇志

  • 閲覧数:381 views

目次

  1. ○要注意! ぺットボトル症候群
  2. ○カロリーオフとカロリーゼロ
     
    • 要注意! ぺットボトル症候群

      低血糖状態では、血糖を上げるためにアドレナリンなどのホルモンが分泌されます。
      アドレナリンは人を攻撃的にさせる性質もあります。
      アメリカでは、怒りっぽい時に「低血糖なんじゃない!」というジョークが流行ったことがあるそうです。
      さらに病的な低血糖では冷や汗が出て、手の震えから、最悪な場合は意識を失う場合もあります。
      極端な場合は人格を変えてしまう程の低血糖です。
      犯罪にも関係している場合があります。ある犯罪者の部屋には、清涼飲料水の空いたペットボトルが無数に散乱していたそうです。
      清涼飲料水を大量に取ることで起こる急性の糖尿病は、ペットボトル症候群ともいわれます。
      清涼飲料水の砂糖含有量を見てみてください。
      私の手元にある清涼飲料水の表示には、「100㎖当たり炭水化物11・9g」とあります。
      500㎖になると砂糖の量は約12g×5=約60g。コーヒーに入れる白砂糖スティック(3g)のなんと約20本分です。2ℓでは約80本分にもなります。
      これだけの白砂糖を短時間で取れば、前に述べたように急激な高血糖の後に、急激な低血糖を起こします。
      低血糖を補おうとして、また同様の清涼飲料水を取ります。
      そしてまた急激な高血糖の後に、急激な低血糖を繰り返し、ペットボトル飲料を飲み続けてしまうのです。
      このように低血糖は、白砂糖に対する中毒状態、禁断症状ともいえます。
      その点ではタバコにおけるニコチンや薬物中毒と同列です。
      あなたは、白砂糖中毒になっていませんか?
    • カロリーオフとカロリーゼロ

      「カロリーオフ」と表示されている清涼飲料水があります。
      私の手元にあるものには、「100㎖当たり炭水化物4・7g」と表示されています。2ℓでは、94gです。白砂糖スティック(3g)31本分になります。
      「カロリーオフ」の清涼飲料水2ℓに、スティック31本の白砂糖が入っている計算になります。
      「カロリーゼロ」ではどうでしょうか。
      栄養表示基準では、100㎖当たり5カロリー以下で「0カロリー」となります。仮に100㎖で3カロリーとして、2ℓでは60カロリーとなります。
      「カロリーゼロ」とあっても、2ℓ当たりスティック(3g)約5本分の白砂糖が入っていることになります。
      もっとも、吸収の良すぎることが、逆にメリットになる場合もあります。
      風邪などで体調を崩した時は、当然胃腸も働きが悪くなり、食欲も落ちてきます。ここでスポーツ飲料などを取ることで胃腸に負担をかけずに糖分、水分の補給をすることができます。
      風邪などのピーク時には、一時的にお世話になってもよいでしょう。
頭痛は防げる!

頭痛は防げる!

井奥 昇志

自由国民社

第4章 頭痛は防げる!より

冷えを改善し、血流の滞りを解消すればあきらめていた慢性頭痛を予防できます。偏頭痛を克服した医師が教えます!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ