HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

【医師執筆】乳がんが発生しやすい場所とセルフチェックの方法

ガンは早期発見が大事、とよく耳にしますよね。特に女性の中での発症率が上がっている乳がんについては、触診でのセルフチェックで発見される場合も少なくないそうです。しかし、セルフチェックはただ触ればいいだけなのでしょうか。正しい方法やタイミングについて、大学病院勤務を経て現在美容外科医となった医師の書籍からご紹介します。

北村珠希

  • 閲覧数:142 views

目次

  1. ○乳がんのセルフチェック 触って確認
  2. ○「の」の字を書くようにグルグル触る
     
    • 乳がんのセルフチェック 触って確認

      立って触って、寝転がって触る

      ・おっぱいが張る生理前は避け、生理開始後に行うとよい

    • 「の」の字を書くようにグルグル触る

       ①立って触る

       親指以外の指をそろえ、おっぱいに「の」を書くように触る。外側から円を描くように内側へ移動。腕を上げた状態、下げた状態どちらも行う

      立って触る

       ②寝転がって触る

       あお向けになり、触るほうの肩の下にバスタオルなどを敷き、①と同じように触る

      寝転がって触る

        がんが発生しやすいのは外側上部

        右のおっぱい

        左右どちらも、外側の上部にしこりができやすいので念入りに確認しよう

      がんが発生しやすい場所

      触って確認するのは1ヵ月に1度でもOK
      見て確認したら、次は触れて確認してみましょう。基本のやり方はイラストの通りです。
      立ちながら触ったり、あお向けに寝転がって触ることで、おっぱいのいろいろな所に触れることができ、しこりが見つけやすくなります。脇の下のほうまでくまなく確認してください。
      乳がんのしこりは、生理のときにおっぱいが張る感覚とは違う感触で、小石のように硬く、動かないものが多いといわれています。似ている感覚としては、豆の上にこんにゃくを置いて触るようなイメージです。
      ただし、おっぱいが張る生理前はしこり自体が探しづらくなるので、生理開始後5~7日目に行うのがベストです。長い爪は切り、肌を傷つけないように注意してください。頻度は月に1度でよいので丁寧におっぱいに触れる習慣を作りましょう。

おっぱいケア手帖

北村珠希

主婦の友インフォス

第3章 健康なおっぱいでいるための病気予防編より

おっぱいのサイズ、色、形など見た目の悩みから乳がんをはじめとした病気のことまで1問1答で解説。健康美乳を育てるコツが満載。本書は、自己ケア方法の指導から、美容手術までを手がける銀座みゆき通り美容外科の医師がやさしく解説します。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ