HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

誰でもできる!買い物欲をスッと落ち着かせる簡単なテクニック

誰かと話しているときや、ネットやテレビを何気なく見ているとき、無性に見聞きしたものが羨ましくなって、自分も手に入れたくなることってありますよね。しかし、落ち着いて考えてみると、それはキラキラした言葉の魔法にかかっているのかもしれません。冷静な自分を取り戻す必勝法「カタカナ語翻訳」をご紹介します。脱力系ミニマリスト、森秋子さんがご紹介します。

森秋子

  • 閲覧数:554 views

目次

  1. ○買い物欲をなだめる「カタカナ語翻訳」
     
    • 買い物欲をなだめる「カタカナ語翻訳」

        コピーライターという職業が成立するくらい

        私たちは言葉に左右される生き物です。

        欲望を他人に操作されないための

        こころのエクササイズをしています。


      お店に入らなくても、友人との会話、テレビやネットから溢れ出る情報など、人間界には欲望を刺激するキラキラとした言葉が溢れています。
      欲望や嫉妬がムクムクと育った時、それを無理に抑えつけてしまうと爆発します。
      「大丈夫ですよ」となだめたり、「こっちのほうがいいみたいよ」とだましだまし付き合うことが大切です。
      私(森秋子)は、ある時、キラキラの魔法をとく方法を手に入れました。
      嫉妬や欲望をあおるキラキラとした言葉は、大体が英語、カタカナ、造語のことが多いことに気がついたのです。
      これを日本語に翻訳すると、たいていのキラキラの魔法はとけます。
      たとえば、

      「ママ友とレストランでランチした」→「母親同士で、食堂でごはんを食べた」

      「プチプラで高見え」→「安物で高いふり」

      「タワーマンションに住んでる」→「縦長の集合住宅に身を寄せている」

      「スムージー」→「食べ物つぶし」

      慣れてきたら、少し難易度を上げて、カタカナ語以外の応用編にもトライしてみます。

      「海外出張に出かけた」→「海を越えて出稼ぎにいった」

      ちなみに、「フェイク」も「ライク」も「風」も同じ仲間で「にせ」ものです。

      「フェイクグリーン」→「にせ植物」

      「ホテルライク」→「にせホテル」

      「シチリア風」→「にせシチリア」

      翻訳機能が高まると、どんどん何も欲しくなくなります。
      この効果を逆に使い、自分がやっていることを美しい言葉に変換するのも効果絶大です。

      「家で一人で簡単に食べた」→「家でデトックスランチして自分時間を楽しんだ」

      「節約生活を続けている」→「大切使いをしています」

      自分の好き勝手に翻訳をしていると、欲望と嫉妬はおとなしくなり、大変良い子にしているので手間がかかりません。
      あれもこれも買ってやる!とやさぐれていた感情は、今や貯金通帳と手をつないで仲良く歩いているような良い子です。
      欲望が膨らんできたら、羨ましく思ったもの、欲しいものを紙に書いてみてください。そして何通りかに翻訳してください。
      本当に欲しいものですか?
      まだきらめいていますか?
      おもしろいので試してみてほしいです。

脱力系ミニマリスト生活

森秋子

KADOKAWA

第1章 片付けは恋愛と似ているより

「時間」と「お金」が貯まる、ゆるミニマルな暮らし「長財布をやめる」、「収納をやめる」、「着まわしをやめる」。そして、買い物欲を上手に手なづける。大人気ブログ、『ミニマリストになりたい秋子のブログ』主宰、東京都で家族3人・猫・カメと暮らす秋子さんがつづる、目からウロコの脱力系「物を手放す」思考術。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ