HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

【医師執筆】血液循環をよくするために鍛えるべき筋力と鍛え方

血液循環を良くするためには筋肉を鍛えることも大切です。特に重力の影響で血液が貯まりやすい下半身を鍛えることは、貧血に悩む女性にも効果的です。特に大きな筋肉である太ももやふくらはぎの簡単エクササイズを生活に取り入れてみましょう。

濱木 珠恵

  • 閲覧数:552 views

目次

  1. ○筋力アップの簡単エクササイズ
  2. ○下半身の筋力を鍛えて、体中に血液をめぐらせる
     
    • 筋力アップの簡単エクササイズ

      ここがポイント

      ・大きな筋肉が集中している太ももが血流アップのカギ。

      ・太ももペットボトルはさみで、内転筋ないてんきんを鍛える。

      ・ふくらはぎは第二の心臓。血めぐりアップには欠かせない。

      ・かかとの上げ下げで、ふくらはぎの筋肉を鍛える。

    • 下半身の筋力を鍛えて、体中に血液をめぐらせる

      体内の隅々まで酸素をめぐらせるためには、筋肉を鍛えることも大切です。筋力がつけば、全身に血液を運ぶ血めぐり力が強化されます。一般的に重力の作用で液体である血液は下にたまりやすいため、下半身の血めぐり力は弱くなりがちですが、そうなるとドラキュラ女子はますますピンチに! 簡単エクササイズで下半身の筋肉を鍛えましょう。
      まず、簡単に内転筋を鍛えられる、太ももペットボトルはさみです。このとき、お尻の穴はキュッと締め、両ひざではさみます。拍子抜けするほど簡単ですが、これだけで十分。内転筋は太ももの内側にある大きな筋肉で、このエクササイズだけで広範囲の筋力アップができるので効率的です。
      もうひとつは、かかとの上げ下げ。ふくらはぎの筋肉が鍛えられるので、下半身にたまった血液を戻す力がぐんと強まります。つま先立ちになったら、背筋を伸ばしたまま、ゆっくりとかかとを5秒くらいかけて上下させるだけ。つま先立ちしたとき、フラフラと安定しないようなら、壁や椅子の背に手を置いて支えながら行ってもOK。毎日朝晩30 回くらいずつ続けてみてください。

      筋肉量が多い下半身を鍛えるには

       内転筋はココ
      内転筋はココ

       太ももの内側

       太ももペットボトルはさみのやり方

       椅子に座りひざがしらの間に500㎖のペットボトルをはさんで、両脚の太ももで押し合う

      太ももペットボトルはさみのやり方

       かかとの上げ下げのやり方

       転倒しないようにどこかに掴まりながら、かかとを上げ下げする

      かかとの上げ下げのやり方

ドラキュラ女子のための貧血ケア手帖

濱木珠恵

主婦の友インフォス

3章 脱ドラキュラ女子への道より

実はオトナ女子で貧血を抱えている人も割合は5人に1人。そのうちの25%は重度の貧血といわれるほど、身近にある問題なのです。たかが貧血、されど貧血。足りない血をたっぷり増やすことで、気になる不調をまるっと解決!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ