HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

別れの原因が「性格の不一致」にならないための考え方

離婚の一番の原因は、昔から今に至るまで「性格の不一致」です。それは何故なのでしょうか。『ホンマでっかTV』でもおなじみの脳科学者・中野信子さんの著書から、気になる理由をご紹介します。

中野信子

  • 閲覧数:477 views

目次

  1. ○最初から、男と女の性格は不一致。
     
    • 最初から、男と女の性格は不一致。

      昔から変わらず、離婚の一番の理由は「性格の不一致」です。
      最初は「性格的にも合う」と思って結婚したはずが、いつの間にか「性格が合わない」となる。この間、相手の性格が変わってしまったわけではありません。自分が見誤っていただけのことです。
      見誤ってしまうのは、勝手に「こうだろう」と思い込むからです。「明日になってから伝えればいいだろう」「この提案に喜んで同意してくれるだろう」「AとBならBを選ぶだろう」
      こうした勝手な思い込みがことごとく外れてギクシャクしていき、「この人とは合わない」となるのです。
      だったら、最初から男女の性格は不一致なのだと割り切ったほうがいいでしょう。そうすれば「外れ」はありません。

人生がときめく脳に効く言葉

中野信子

セブン&アイ出版

第1章 「男脳」と「女脳」より

男女の脳のちがいを知れば、人生はうまくいく。恋人、夫婦、友人、同僚…異性に対して「理解できない」と感じたり、接し方に悩んだりしている人たちへ、脳科学者・中野信子からの処方箋。男脳と女脳のちがいを知れば、人づきあいがぐっと楽になります。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ