HALLOM(ハロム)

更新

【博士(医学)執筆】恋愛のドキドキが無くなっても長くつき合うコツ

つき合いはじめた頃は、相手のことを考えるだけでドキドキしますが、次第にそれは薄らいでいきます。それでも恋愛を続ける方法はあるのでしょうか?脳科学者の著書でそのヒントをチェックしてみましょう。

中野信子

  • 閲覧数:834 views

目次

  1. ○男も女も夢中になれるのは3~4年がいいところ。やがて飽きる。
     
    • 男も女も夢中になれるのは3~4年がいいところ。やがて飽きる。

      つきあいが始まった頃には、その人のことを考えるだけで脳からドーパミンが大量に放出されます。待ち合わせ場所で相手を見つけたらドキドキ、目が合ったらドキドキ、手が触れたらドキドキ……。だから、しょっちゅうときめいていられます。
      でも、3〜4年で、ドーパミンはすっかり出なくなります。脳も疲れてしまうんですね。
      残念だけど、出ないものはしかたがない。長くつきあいを続けたかったら、ドーパミン頼みではない、現実を見据えた愛情表現をしていくしかありません。

      長く付き合う

人生がときめく脳に効く言葉

中野信子

セブン&アイ出版

第1章 「男脳」と「女脳」より

男女の脳のちがいを知れば、人生はうまくいく。恋人、夫婦、友人、同僚…異性に対して「理解できない」と感じたり、接し方に悩んだりしている人たちへ、脳科学者・中野信子からの処方箋。男脳と女脳のちがいを知れば、人づきあいがぐっと楽になります。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ