HALLOM(ハロム)

更新

ダイエット効果絶大!テレビ番組でも取り上げられた「干しブドウ酢」とは

23kgやせた!お通じが良くなった!骨密度が上がった!などなど、食べた方々から続々と喜びの声が聞こえてくる“干しブドウ酢”。今じわじわと日本全土に広まり、ブームとなりつつありますが、そんな干しブドウ酢はどのように考案されたのでしょうか。考案者である戸川さん親子への取材で伺ったルーツをご紹介します。

安心編集部

  • 閲覧数:10,989 views

目次

  1. ○干しブドウ酢が大人気
  2. ○クチコミで人気がじわじわ上昇中!
  3. ○生まれて初めてやせられた!
  4. ○免疫アップを実感!肌荒れも一掃!
  5. ○血糖値と血圧が正常値に低下!
     
    • クチコミで人気がじわじわ上昇中!

      富士山の北のふもとにある、山梨県の観光スポット「忍野八海おしのはっかい」。富士山の伏流水を水源とする八つの湧水池で、世界文化遺産である富士山の構成資産でもあり、外国人観光客にも大人気。
      その忍野八海の観光協会の近くに、かわいいドライフルーツ屋さんがあります。その名も『どらいふるーつ』というこのお店は、外川とがわみささん・和美かずみさん親子が経営しています。

      酢漬けのぶどう

      「酢漬けのぶどう」が人気のお店「どらいふるーつ」

      外川さん親子は、今、日本全国に広まっている、あるブームの火付け役。
      そのブームとは、「干しブドウ酢(酢漬けのぶどう)」です。2017年7月に、テレビ番組『あさイチ』(NHK)でも紹介されたほど、注目が集まっている健康食です。
      「干しブドウを酢に漬ける」。誰もが考え付きそうで、誰もやっていなかったこのアイデアを形にしたところ、「とってもおいしい」「軟らかくて食べやすい」と大評判に。

      戸川親子の手作り

      お店で売っている酢漬けのぶどうは外川さん親子の手作り

      しかも、食べたお客さんからは、「便秘が解消した」「やせた」「骨密度こつみつどが上がった」「血圧が下がった」など、体によかったという声が続々と届いているそうです。
      考案者であるお二人にも、いいことがたくさんあったとか。そこで、干しブドウ酢について気になるあれこれをうかがってみました。
      まず、干しブドウ酢が誕生したきっかけから。
      「20年ほど前、私がおみやげ物店に勤めていた頃、干しブドウを大量に買ったお客さまがいました。
      理由を聞くと、『干しブドウに酢をかけて食べると、血圧にいいよ』と、医師に言われたというのです」(みさ子さん)
      それまで、干しブドウを試食してもらうのに、そのままでは芸がないと、赤ワイン漬けを出していたというみさ子さん。
      聞いた話をヒントに、すぐ酢漬けに切り替えたそうです。
      当時は、食べ方の提案として酢漬けを試食してもらい、売るのは普通の干しブドウでしたが、お客さんから「この酢漬けを売ってほしい」と言われて、商品化を決意。8年前から、現在の店舗で干しブドウ酢を売るようになりました。
      さまざまなおいしいドライフルーツを扱うお二人のお店ですが、いちばんの人気は、やはり干しブドウ酢。観光に来て買った人が全国に持ち帰るので、おいしさが口コミで広まり、売り上げは右肩上がりとか。
      「特に昨年は、製造と発送に追われてうれしい悲鳴でした」(和美さん)
    • 生まれて初めてやせられた!

      売れ行きが伸び、リピーターも増えるに従って、「食べていたらこんなにいいことがあった」という報告も、次々に舞い込むようになりました。
      「私自身、干しブドウ酢を食べ始めて、いいことがたくさんありました。
      その第一は、大幅にダイエットできたことです」(和美さん)
      干しブドウ酢を食べていたら、23㎏もの減量が、らくにできて しまったのです。

      干しブドウ酢入りヨーグルトを食べる前のお二人

      事の起こりは数年前。テレビで芸能人のダイエット特集をやっていて、あるタレントさんが、「赤ワイン入りヨーグルトでやせる」という企画を見たことでした。
      お酒の飲めない和美さんは、赤ワイン代わりに、干しブドウ酢を混ぜたらいいのでは? と思い付きます。
      「でも私、実は、干しブドウも乳製品も嫌いなんです」と、意外な告白をする和美さん。
      それでも、干しブドウ酢なら食べられるので、乳製品の中で唯一食べられるアロエヨーグルトに、10粒の干しブドウ酢を混ぜて、1日1回、昼食の前に食べ始めました。やったのはそれだけで、食事量は以前と全く同じだったそうです。
      「もともとすごく食べるほうで、食事を減らすなんて、まったく考えませんでした。
      ただ、干しブドウ酢入りヨーグルトを食べた後は、野菜料理(サラダや煮物など)を食べてから、おかずとごはん、という順番にしました」(和美さん)
      これも、テレビでタレントさんが言っていたことを参考にしたとか。朝と夜は干しブドウ酢入りヨーグルトを食べませんが、野菜から食べ始めることだけは心掛けました。
      すると、3ヵ月過ぎたころから、急にものすごく便通がよくなり、多いときは1日に4回も、健康的な便が気持ちよく出たそうです。
      「それとともに、体重がスルスルと減り始めました。最初のうちは1日2㎏くらい減って、毎日、体重計に乗るのが楽しみでした」(和美さん)
      減り方のペースは、しだいにゆるやかになったものの、食事量を減らさず、何も苦労しないで、半年で10㎏の減量に成功。以後もジワジワとやせて、気が付くと23㎏もやせていたというのです。
      「本当に、生まれて始めてやせたんです!
      食べる量を減らさなくていいし、面倒でもないので、無理なく続けられたのが、成功の秘訣でしたね」(和美さん)
      もともと1日1回は便通があったという和美さんですが、「今思うと、それでも便秘だったのだと思います」とのこと。
      お客さんの中には、もっとがんこな便秘が、干しブドウ酢入りヨーグルトで改善した人も、たくさんいるとのこと。
      「20年以上もひどい便秘に苦しめられ、病院に行かないと出ないというお客さまもいました。たまたま旅行でここへいらして、雑談でそんな話を聞いたので、『ヨーグルトだけ買って、今日からホテルで食べて!』とお勧めしたら、後からわざわざお電話をくださって、『二十何年ぶりに自然な便通があって、爽快です!』とおっしゃっていました」(みさ子さん)
      和美さんがみるみるやせるのを見て、みさ子さんも干しブドウ酢入りヨーグルトを食べ始めました。腸にいいというヨーグルト1パックに、同じく干しブドウ酢10粒を混ぜて、昼食前に食べ始めたのです。
      すると、55㎏あった体重が、食事や生活を変えずに、1年で10㎏減って45㎏に。母子そろって大幅減量に成功です。
      二人とも、現在はそのときより3㎏ほど増えていますが、自覚的には今がベスト体重。干しブドウ酢入りヨーグルトを食べ続けているおかげか、体重が元に戻ることもないそうです。

      (左)2017年5月。さらにスリムに! (右)2017年1月のお二人。スッキリやせました!

    • 免疫アップを実感!肌荒れも一掃!

      「ダイエット以外にも効果がありました。私は現在43歳ですが、一昨年、市の健康診断で初めて骨密度を測ったら、骨年齢が24歳と言われたんです。
      骨の年齢でも『若い』と言われると、うれしかったですね」と和美さんは笑います。
      高齢のお客さんで、干しブドウ酢入りヨーグルトを勧めたところ、骨粗鬆症こつそしょうしょう(カルシウムの不足によって骨がもろくなる病気)が改善した人もいるそうです。
      「毎日、骨粗鬆症の薬を飲んでいるというおばあちゃんに勧めてみたんです。
      そしたら後日、病院から電話をくれて、『先生から、骨粗鬆症の薬をやめていいと言われたの。先生に何かしてるか聞かれたんだけど、この前、教えてもらったあれのおかげかしらね』と、すごく喜んでくださったんですよ」(みさ子さん)
      ほかにも、「干しブドウ酢を食べていてよかった」と実感することが、たくさんあるそうです。
      「私は今68歳で、本来なら、年とともに免疫力めんえきりょく(病気に対する抵抗力)が落ちると思うんですが、いつカゼをひいたか覚えていないほど、もう何年もカゼをひいていません」(みさ子さん)
      「私はアレルギー体質で、以前は、月に1回くらい、扁桃腺へんとうせんれて熱を出していました。それがピタリとなくなったんです」(和美さん)
      それにしても、お二人とも肌がきれいで若々しく、実年齢を聞くと驚くほどです。
      「私は肌も弱いんです。以前は、特に生理前には顔がボコボコになるくらい荒れていましたが、それもなくなりました」(和美さん)
      干しブドウ酢で便通がよくなるにつれ、肌がどんどんきれいになってきたそうです。
      健康診断でも、検査結果に一つも異常がなく、体調も絶好調というお二人。干しブドウ酢が、健康づくりに幅広く役立っているようです。
    • 血糖値と血圧が正常値に低下!

      最近も、干しブドウ酢を食べたお客さまから、興味深い報告が続々と届いているとのことです。
      たとえば、被災地でボランティアをしている40代後半の男性は、3ヵ月で5㎏やせて、すこぶる体調がよくなりました。被災地にも干しブドウ酢を持参して、元気を出してもらうのに役立てているそうです。
      奥さんに勧められて干しブドウ酢入りヨーグルトを食べ始めた50代後半の男性は、わずか1ヵ月で2㎏やせたうえ、高かった血糖値と血圧が正常値に下がりました。医師から、「もう少し高くなったら、薬を出しましょう」と言われていたのが、「薬は不要」とのお墨付きをもらったとのこと。
      干しブドウ酢の食べ方は、そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトに入れるほか、ポテトサラダやカボチャサラダに入れたり、白和えに入れたりしてもおいしいとのことです。
      パンやケーキに加えたり、スムージーに入れたりしているお客さんもいるとか。クラッカーにチーズと干しブドウ酢をのせると、お酒のおつまみとしても合うそうです。工夫しだいで、いろいろな料理に活用できそうですね。
      ヨーグルトに混ぜる方法をはじめ、お好きな方法で干しブドウ酢をとり、あなたもぜひ、健康・美肌づくりやダイエットにお役立てください。

      「ぜひ一度、お試しください」

干しブドウ酢でやせる!病気が治る!

安心編集部

マキノ出版

23kg10kgやせた!お通じがよくなる、骨密度が上がると評判の「干しブドウ酢」発見!より

山梨県の観光名所「忍野八海」にあるドライフルーツのお店を営む外川さん親子が考案したのが、「干しブドウ酢」です。おいしいだけでなく、「やせた」「血圧が下がった」「便秘が解消した」などなど、さまざまな健康効果が期待できると口コミで広がり、テレビでも紹介されるなど、今人気急上昇中のスーパー健康食なんです!本書では、その干しブドウ酢をご家庭で簡単に作れる方法や、活用レシピなどをご紹介します。ぜひ、お試しください!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ