HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

子育てママ必見!腸内フローラがつくられる3歳までに気をつけたいこと

乳酸菌の棲みかとなる腸内フローラの原型は赤ちゃんの時に母親から受け継ぐもので、その後の育つ環境に影響を受けながら3歳くらいまでにつくられるといわれています。その大事な3年間、お子さんをどのような環境で育てるべきなのでしょうか。病気にかかりにくく長生きできる子どもに育てる秘訣をご紹介します。

後藤利夫

  • 閲覧数:166 views

目次

  1. ○腸内フローラは3歳までにつくられる
     
    • 腸内フローラは3歳までにつくられる

      乳酸菌の棲みかとなる腸内フローラの原型は、3歳くらいまでにつくられるといわれています。そして、それ以降は、善玉菌と悪玉菌の縄張り争いが死ぬまで続くことになります。
      私たち人間は、母親の胎内にいるときは無菌の状態です。そして、産道を通って生まれてくるときに、初めて細菌と出会います。生まれてからは、母乳や離乳食など口から入ってくるもの、母親の体やベビーベッドなど体に触れるものから、どんどん細菌を体内に取り込んでいきます。
      私たちの腸内フローラを構成する細菌の多くは、赤ちゃんのときに主に母親から受け継ぐものなのです。そして、そのほかに影響を受けるのは、育つ環境です。
      私たちはそれぞれ母親も家庭環境も違うわけですから、当然ながら、腸内フローラも、まったく同じ人は一人としていません。誰もが、世界にたった一つだけの腸内フローラを持っているのです。そして、一般的には、3歳くらいのときの腸内フローラが最もよい状態だといわれています。
      しかし、そのようにしてつくられるはずの腸内フローラに赤信号をともしているのが、昨今の抗菌・殺菌ブーム。身の回りの菌を殺し、清潔にしすぎてしまうと、体内に入る菌の数や量も減って、腸内フローラをきちんと育てることができなくなってしまうからです。
      人は、皮膚にいる常在菌じょうざいきんなども含め、いろいろな菌に触れることで免疫を獲得していきます。菌を排除しすぎてしまうと、免疫力が下がり、さまざまな病気に感染しやすくなるとともに、結果的に寿命も縮めることになってしまいます。
      清潔な環境で子育てをしたい気持ちはわかりますが、度が過ぎると逆に体の弱い子どもになってしまいます。赤ちゃんが何でも口に入れたがるのは、母親の菌を受け継ごうとする行為なのかもしれません。
      小さいころからさまざまな菌に触れ、菌を体に取り入れていくことが、強い子ども、病気にかかりにくく長生きできる子どもに育てる秘訣ひけつといえるでしょう。

乳酸菌がすべてを解決する

後藤利夫

アスコム

第1章 健康になりたければ乳酸菌を摂りなさい!より

乳酸菌をとるだけの簡単健康法!たったこれだけで腸をクリーニングして、病気と不調を遠ざける!症状別あなたに合う乳酸菌の選び方大公開!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ