HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

【医師執筆】乳酸菌を摂るのに最適な食べ物とは

乳酸菌が摂れる食材といえばやはりヨーグルトが有名ですが、実は様々な食材に含まれています。最近は乳酸菌が含まれると謳われている炭酸飲料やチョコレートなども販売されていますね。そんな中で手軽に摂れて、栄養価の高い食品とは何なのでしょう。やっぱりダントツにオススメの乳酸菌の摂り方をご紹介します。

後藤利夫

  • 閲覧数:339 views

目次

  1. ○乳酸菌を摂るならヨーグルトが最適!
     
    • 乳酸菌を摂るならヨーグルトが最適!

      私たちの心と体のために、はたらいてくれている乳酸菌は、日々、腸の中で悪玉菌と縄張り争いをしています。私たちは、乳酸菌が元気に活動できる環境を整えてあげなければいけないのですが、つい不摂生をしたり、暴飲暴食をしてしまったりして、知らず知らずのうちに悪玉菌を応援していることがよくあります。
      私たちは、もっと乳酸菌の味方になって、乳酸菌を腸の中で大事に育てていく必要があります。それが、自分の心と体を健康に維持するためでもあるのです。
      乳酸菌を元気に育てる方法には、二通りあります。

      乳酸菌をしっかり摂って、腸に援軍を送ること

      乳酸菌のはたらきをサポートしてくれる、食物繊維やオリゴ糖を摂ること

      まず、乳酸菌を摂る方法について話をしましょう。
      乳酸菌は、基本的にどの菌種でも、同じ効果をひと通り持っています。そして、その基本のはたらきに加えて、それぞれに得意分野があります。
      高血糖を改善したいなら、血糖値の上昇を抑える効果の高い乳酸菌を摂ったほうがいいですし、アレルギー症状をやわらげたいなら、免疫細胞によく効く乳酸菌を摂ったほうが、効率よく体質改善につなげることができます。また、整腸作用や美肌効果を得たいなら大腸に棲みついているビフィズス菌を摂取したほうがよいでしょう。
      乳酸菌を含む食品は多数ありますが、最も手軽に摂るなら、やはりヨーグルトです。
      ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌によって発酵させた食品です。発酵することで、牛乳に含まれるタンパク質や脂質、糖質などがある程度分解されるため、腸への負担も少なくなります。
      そのうえヨーグルトには、

      皮膚や粘膜を丈夫にするビタミンAやB

      歯や骨をつくるカルシウム

      体をつくるのに欠かせないタンパク質

      など、いろいろな栄養素が含まれています。ヨーグルトで摂れないものは、食物繊維とビタミンCくらいのものです。
      ヨーグルトは、私たちの体に必要な栄養素をバランスよく摂れる、ほぼ完全食なのです。しかも、栄養価が高い割には低カロリーなので、ダイエットのときの補助食品としても適しています。

乳酸菌がすべてを解決する

後藤利夫

アスコム

第2章 病気知らずの乳酸菌生活で健康と長寿を手に入れようより

乳酸菌をとるだけの簡単健康法!たったこれだけで腸をクリーニングして、病気と不調を遠ざける!症状別あなたに合う乳酸菌の選び方大公開!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ