HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

自己投資を「ムダ遣い」にしないためのコツ

自己投資は、「なりたい自分」に近くためのわかりやすい支出の一つです。しかし、なかなか続かず、結果的にムダ遣いに終わってしまうこともしばしば…。この記事では自己投資を始める前に、チェックしておきたいことや、その自己投資が本当に自分にとって必要かを見極めるための手法を紹介しています。

  • 閲覧数:82 views

目次

  1. ○自己投資にはお金を惜しみたくありません
     
    • 自己投資にはお金を惜しみたくありません

      自己投資、いいですね。自分を高めることでしたら、ぜひお金を惜しまず使ってほしいなと思います。大賛成です。
    • ただし、1つだけお願いしたいことがあります。たった1つです。
      本気で取り組むこと。簡単にあきらめないことです。
      自己投資は、「なりたい自分」に近づけるかどうかがわかりやすい支出の一つでしょう。方向性として間違っていなければ、あとはあなたが本気で取り組めるかどうかです。
      私の家計相談の経験で、結果的にムダ遣いに終わってしまうことが多い自己投資に、スポーツジムの会費があります。
      よく宣伝文句には、「自分でお金を払えば本気になれる」とかあったりします。本当にそうでしょうか。私は逆だと思います。
      本気なことには、お金を使える、です。
    • スポーツジムも、最初は本気だったのかもしれません。誰も完璧な人ばかりではありませんし、そう思ったのなら、始めてもいいでしょう。
      でも、行きたくない言い訳がついて出てくるようになったら、それは本気ではありません。
    • 仕事が忙しい
      雨が降っている
      何だか体がだるいから、かえって逆効果だ
      観たいテレビがある
      飲み会が入ってしまった 等々
    • 最初はやる気満々でも、どうも続かないことはあるものでしょう。でも、「本気ではない」と気がついたら、潔く軌道修正しましょう。その失敗を次に生かさないと、本当に損です。
    • ところが、意外と潔くやめられない人が多いのです。何か妙な呪縛があるのか、「月会費を支払い続けていれば、またいつでも始められる」「いまやめてしまったら、入会金がもったいない」とか。やめたっていつでも始められますし、使わないジムの月会費が入会金を上回れば、支払っているほうがよっぽどもったいないです。
      払ったお金は戻ってきません。そこはもう、いい意味で忘れましょう。
      できるだけ自己投資資金をムダにしないためにも、こんなふうにしてみてはいかがでしょうか。
      まず自己投資したいと思ったら、費用を振り込む前に、目の前に現金で準備します。自己投資の代償に、目の前から消えるあなたの大切なお金です。
      それに対し、自己投資した後の理想的な自分を思い浮かべてみてください。絵に描いてもいいです。お金を失う喪失感よりも、理想的な自分を思い浮かべたときのときめき度やワクワク感が上回るようであれば、本気度は合格です。
      ヨシと思ったら、ぜひ真剣にがんばってみてください。そうやって使われるお金も使われ甲斐があるというものです。

レシート○×チェックでズボラなあなたのお金が貯まり出す

八ツ井 慶子(やつい けいこ)

プレジデント社

第4章 「ときめき買い」「貯蓄簿生活」を目指そう!こんなときどうするQ&Aより

かしこい“お金の使い方”で人生が変わる!正しいお金の使い方を覚えれば、節約も家計簿もなくてOK。贅沢しているつもりはないのに、どうしてもお金が貯まりません…、そんなあなたに!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ