HALLOM(ハロム)

更新

【医師執筆】太らないおつまみの選び方(ルール)

ビールは太るといいますが、太る理由はビールではなく、ビールと相性の良いおつまみにあります。そこで、太りにくいおつまみの選び方について紹介します。

馬渕知子(マブチメディカルクリニック院長)

  • 閲覧数:322 views

目次

  1. ○太らないおつまみのルール。
     
    • 太らないおつまみのルール。

      メニュー選びは「太るか太らないか」という大きな別れ道にも繋がります。
      「ビールが太る」は、ビールの罪ではなく、ビールが太る食べ物と相性が良いからだと前述しました。
      ビールほどの大物に勝てるメニューは、それなりのカロリーも持ち得てしまうことが多いのです。ですから、ビールに負けずに劣らぬパワーと心も胃も満足感が溢れる持つメニューが必須になります。

      食中は「刺激的かつ食べ応え」に注目して料理を選ぶようにしてください。

      たとえば、薬味を活用するメニュー。豆腐や青魚などが該当します。
      まず、豆腐は高タンパク・低脂質であり、カロリー数に対してボリューム感があります。さらに、薬味が活かせる食材で、冷奴や湯豆腐、麻婆豆腐、具沢山の栃尾油揚げなど、ビールに負けない料理が豊富です。
      鯵、鯖、鰯、鰹などの青魚(光物)と呼ばれる魚にも、薬味は欠かせません。葱、生姜、茗荷はアルコールの代謝を促します。また、脂質も多めですが、青に含まれるDHAやEPAという脂質は、善玉コレステロールを増やしたり、動脈硬化を予防・改善、脳の活性化などに期待をもてる、体に嬉しい脂です。

       

      焼肉やステーキでビールに合わせるならば、「赤身」を選んでください。肉自体がエネルギー代謝を高めるので、もともとダイエット向きと言われている食材ですが、赤身にはビールの代謝を助ける栄養素も豊富です。
      焼き鳥屋さんやお蕎麦屋さんで遭遇しやすい「鴨メニュー」もおすすめです。居酒屋さんなら馬肉やクジラ肉、フレンチならばジビエなどもいいでしょう。
      エスニック・アジア料理は基本的に刺激的です。辛さもあり、代謝が亢進して、ビールに合いながらも太りにくさも演出してくれます。

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる

馬渕知子

クロスメディア・パブリッシング

疲れ超速リセット。この最強飲料で自律神経を整え、パフォーマンスを最高にする。ビジネスマンの二大飲料に秘められたすごいパワーをフル活用!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ