HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

お金に愛される基本体質の磨き方

単に高給取りや節約上手、ということではなく、「お金に愛されてるなぁ」と感じる人は周りにいませんか?そういった方々には特徴があるそうです。おカネに愛される人の基本体質の磨き方をご紹介します。

藤本さきこ

  • 閲覧数:312 views

目次

  1. ○お金は素直に使って生かす
  2. ○お金を引き寄せられない仕組み
     
    • お金は素直に使って生かす

      お金の神様に可愛がられるには、お金を愛することが大切です。
      あなたがお金を愛さなくてはなりません。
      私(藤本さきこ)のセミナーやお茶会に来られる方は、とても素直な人たちばかりです。
      「こうなりたい」という自分自身に対する素直な願いを抱いています。
      このような「目に見えない感覚」や「自分が感じる何か」を素直に受け入れてパワーにできるのが「女性性」なのです。
      逆に、女性性を否定している人にありがちな「男性にモテたいオンナが嫌い」「びるオンナが嫌い」「可愛がられたいオンナが嫌い」「助けてもらいたいオンナが嫌い」といった台詞せりふ
      あまりいい言葉ではありませんね。
      嫌悪感は、自分にも許さないという事です。
      本当に、男性にモテなくて可愛がられない女でいいのでしょうか?
      同じように、お金や物に対しても、あれこれ理由をつけて「いらない」と言う人がいます。
      しかし「豊かさ」とは、それを欲しいと願った人のもとにしか来ません。
      「豊かさとは物質ではない」「豊かさとは収入ではない」などと言う人も多いですが、素直に「お金」に手を伸ばしていいと私は思っています。
      お金を得ることは本当にいいものです。
      なくても幸せではあるけれど、お金はあればあるほどいい。
      お金があればあるほど、周りも幸せにできる。
      お金が増えると経験が増える。
      それは、お金を得た人たちが、現実に見せてくれています
      お金は使ってこそ、生きるもの。
      「豊かさ」とは所有するものではなく、感じるものです。
      お金そのものも、お金で買った物も、使った時の感覚の蓄積が豊かさをもたらすのです。その繰り返しで黄金体質になった心と体と魂は、お金を使うたびに感度が上がり、ますますお金に愛される循環を生むのです。
      生活レベルをどんどん上げていきましょう。
      素直にお金に手を伸ばすこと。
      これが、お金に愛される基本中の基本です。
  1. お金を引き寄せられない仕組み

    生活レベルを上げることに対して、不安や恐怖、後悔ばかりを考えて、
    「お金がなくならないと安心できるくらいの収入が増えたら使おう」
    「少しくらい使っても大丈夫なくらいの貯金ができたら使おう」
    という人がいます。 
    でも、そういう人はお金を持っても怖くて使えませんし、お金は使わない限り永遠に入ってきません。絶対に。
    だから、お金を使っていても、
    「なくなるの、嫌だな~」→お金を使いたくない設定
    「少しでも節約!」→貧しく暮らしたい設定
    という設定をしているから、「お金はいりません」の願いが叶っているのです。
    「今」がそうなら永遠にそのままです。
    何度もお伝えしています。
    常に「今」を明らめることができていない。
    それが、お金を引き寄せられない仕組みです。
    今をちゃんと見て感じることが、あなたの周りの状況を作り出すのです。
    「今あるもの」を喜んで最大限に生かす。
    この繰り返しが、お金の神様を呼ぶ法則なのです。
    しかし、多くの人が目の前にあるお金を使えずにいます。
    お金がなくなることが怖くて、不安で、お金を使えないだけなのです。
    だから、「豊かさ」を感じることができずにいます。
    それさえわかれば、あっという間に状況が変わることでしょう。

お金の神様に可愛がられる方法

藤本さきこ

KADOKAWA

secrets2 「お金」に愛されるより

「決める」だけ!幸せもお金も恋も愛も、全部、手に入れる!頑張るあなたの毎日が一瞬で幸せになる、3つの秘密です! また、藤本さきこさんの新刊「お金の神様に可愛がられる 「3行ノート」の魔法」も好評発売中!!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ