HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

シックな喫茶店風の店内で楽しむカレー専門店の揚げたてカレーパン

パン屋の店舗数もカレーライスの名店も多い首都圏は、美味しいカレーパンも勿論多数!老舗の王道の逸品から新感覚のカレーパンまで見つけることが出来ます。数年前に下北沢にオープンして以来、順調に店舗を展開している「天馬」が自由が丘に開いたオシャレなカレーとカレーパン専門店をご紹介します。

井上岳久

  • 閲覧数:360 views

目次

  1. ○カレー&カレーパン 天馬 自由が丘店
     
    • カレー&カレーパン 天馬 自由が丘店

      ビーフカレーパン

      ビーフカレーパン ¥232

      カレー専門店が作る 店内仕込みの揚げたてカレーパン
      数年前に下北沢にオープンしたカレーとカレーパンの専門店「天馬屋」。その衝撃的な美味しさはまたたくまに話題となり、いまや神奈川に埼玉、さらには北海道や大阪にまで支店を持つ人気店となった。シックで拡張高いレストランのような店内ではゆったりと食事が楽しめ、カレーの他、カレーパンとドリンク、さらにはデザートを加えたセットなどもあるのが面白い。

      天馬

      テイクアウトコーナーのすぐ奥で揚げられている熱々カレーパンが、すぐさま店頭に並べられる。店内はシックな喫茶店風。

      カレーパンの主力商品は「ビーフカレーパン」「半熟卵のカレーパン」「バターチキンカレーパン(タンドリーチキン入り)」の3種類で、ここに季節ごとの限定商品が加わる。専門店だけに、そのこだわりには並々ならぬものがあり、カレーパンは毎日店内で手包みし、発酵。それを提供間際に一気に揚げるので、正真正銘揚げたて熱々のカレーパンをいつでも頂くことができる。
      自由が丘店の一番人気は、定番の「ビーフカレーパン」。惜しみなく使われた牛肉の旨味とスパイスが織りなす複雑なハーモニーに、深い深い熟成感も加わり、どんな食通をもうならせるような大人の味わいに仕上がっている。対して「半熟卵のカレーパン」は、辛味を抑えたカレーソースで、とろりとした黄身のまろやかさがたまらない半熟卵を包み込んだ、誰もが好きな定番の味。そして珍しいのが「バターチキンカレーパン」。まったりとコク深いバターチキンカレーとパンの相性は「ナン」の存在が証明しているが、そこにカラリとした衣の香ばしさ、大ぶりのタンドリーチキンの満足感も加わり、カレーパンファンならば一度は味わっておきたい、オリジナルな一品となっている。ちなみに今夏の限定は「チーズ イン トマトキーマカレーパン(辛口)」。
      カレーパンだけでなく、カレーのテイクアウトもOK。幅広いドリンクやサイドメニューも用意されており、カレーパンの楽しみを何倍にも広げてくれるような、エンターテイメント性と実力を兼ね備えた名店だ。

       東京都目黒区自由が丘1-7-15 丸栄ビル1F

       TEL.03-6421-1202

       11:00~22:00 定休なし

カレーパンバイブル

井上岳久

芸文社

首都圏より

全国の美味しいカレーパンの紹介から、変わり種カレーパン、大手パンメーカーや大手コンビニのカレーパン食べ比べや開発秘話や工場見学、カレーパンマニアがオススメするカレーパンベスト5など、バラエティー豊かに紹介します。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ