HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

もう悩まない!お金の問題解決方法

「いつか貧乏になってしまうのではないか?」「いまのままでは豊かな暮らしができないのではないか?」といった、お金が足りないことに不安を覚えることはありませんか?その悩みの対処法を、体験談とともにご紹介します。

有川 真由美

  • 閲覧数:725 views

目次

  1. ◯生活の基本は「 入ってくるお金で暮らす」
     
    • 生活の基本は「入ってくるお金で暮らす」

       

      お金に対する「問題解決」に、〝不安〞や〝自信のなさ〞などのマイナスの感情や余計な情報が入ってきて、問題が複雑になっているのは、ご理解いただけたでしょう。
      問題をシンプルに整理してみましょう。
      私たちが、お金に対して不安になっている理由は、ほとんどが「いつか貧乏になってしまうのではないか?」「いまのままでは豊かな暮らしができないのではないか?」といった、お金が「足りないこと」です(なかには、お金がありすぎて不安になっている場合もあります が、それはまたの機会に説明します)。
      では、あなたが「お金が足りない」ということを問題としている場合、その解決は、ふたつしかありません。

       

      「入ってくるお金を増やす」
      「出ていくお金を減らす」
      基本的に、日々の生活は「入ってくるお金で暮らすこと」ができれば、問題はありません。
      15万円入ってきたら、15万円。 30万円入ってきたら30万円の暮らしをすればいいでしょう。
      それ以上の暮らしをしようとしたり、将来のことを考えず計画性のない使い方をしたりすることから、「足りないよー」となってしまうのです。
      お金の問題を解決するためには、できるだけ感情を交えず、まるで他人ごとのように、 ありのままに現実を見ることから。
      もし、あなたが「これはやっぱり足りないわー」と思うなら、「入ってくるお金を増やせないのか?」「出ていくお金を減らせないのか?」、ふたつの解決策を考えればいいだけです。

       

      私が上京したとき、家の離れを無償で貸してくれた80代の女性大家さんは、たいへん質素な暮らしをしている人でした。
      天涯孤独で兄弟、親戚もなく、結婚もせず、子どももなかったといいます。
      家にあるものは、家具から調理道具まで数十年、使っているものばかり。それは、「古くていいもの」ではなく、ただ「古いもの」であり、服も古い普段着が数着。「買い物を するのは食料品ぐらいね」といって、ほとんど出かけず、ガーデニングをしたり、古い本 を読んだりして過ごしていました。
      ところが、年に数回、こんなふうに軽く言って出ていくのです。
      「しばらく旅に行ってくるわ。マダガスカル島のバオバブという不思議な木を見たくなったから」
      行き先は毎回ちがって、アマゾンのジャングルだったり、北欧の氷河クルーズだったり、オランダのチューリップ畑だったり……。若いころから旅行が趣味で、「ここに行きたい!」と思ったら、杖を突きながら飛んでいってしまうのでした。
      ほかにも、私の暮らす離れに新しいバスルームを設置してくれようとしたり、眼の手術 で入院したときは「わたくし、人といっしょの部屋で寝るのが苦手で……」と一日数万円する特別室に入ったり、ときどき、びっくりするほど豪快にお金を使うので、尋ねてみました。
      「これまで、どんなお仕事をされていたんですか?」
      「普通の高校教師ですよ」
      「でも、どうしてそんなにお金をもっているんですか?」
      「あら、簡単よ。普段はあまり使わないから、貯まっていくの。昔、銀行員をしていた 父から、よく教えられたものだわ。お金の使い方は〝水道の蛇口〞と同じ。毎月、入っ てくる量が同じであれば、普段は蛇口を閉めておいて、本当に欲しいものがあるときに、 ジャーッとひねって出せばいいだけ」
      なるほど、自分の意志で、蛇口を開けたり閉めたりしていれば、お金の問題は調整できるというわけです。
      大家さんは質素な暮らしをしているために、「ここぞ!」というときに使えたのでした。
      また大家さんには、庭の剪定や重たい買い物など、代わる代わる手伝いに来てくれる男性の老人が数名いました。聞くと、50年前の教え子たちとか。
      「先生にはたいへんお世話になったので、月1回ずつ交代で手伝いに来ているんです」
      こんなふうに、人とのつながりを保っておくのも、お金を使わずに暮らし、「出ていく お金を減らす」ためのひとつの方法なのでしょう。
      大家さんは、「自分を喜ばせてくれるものはなにか?」をよくわかっている人でした。
      生き方がぶれることはなく、決断が速い人でした。
      ただの節約家ではなく、いくつになっても自分の経験や学び、人を喜ばせるためにお金を使える人は、最高に格好いいと、私は思ったのです。

       

      お金の問題は、生き方の問題でもあります。
      まずは、「自分はどう生きたいのか」。
      そのために、いくら稼ぎ、いくら使うのか。
      そこからお金の問題も見え、解決方法も見えてくるのです。

       

      自分の価値が 上がるポイント
      お金の収支は〝水道の蛇口〞。 自分でひねって調整する

感情に振りまわされない―働く女(ひと)のお金のルール~自分の価値が高まっていく稼ぎ方・貯め方・使い方

有川 真由美

きずな出版

将来の不安が消える「戦略」を立てよう。60歳までに、コツコツ貯金するより、60歳から毎月10万円稼げる自分をめざす!!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ