HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

20代までに「お金の知恵」を身につけるべき理由

偏差値35から2浪の末、立命館大学に入学し、公認会計士になり、そこからさらに副業で給料の10倍を稼ぐようになった金川顕教さんが若者に贈る、死ぬまでお金に困らないために20代で学ぶべきお金の知恵をご紹介します。

  • 閲覧数:906 views

目次

  1. ○〝お金の知恵〟を身につける
     
    • 〝お金の知恵〟を身につける

      学ぶ、学ぶといわれても、何を学べばいいかわからないという人も少なくないだろう。
      20代で絶対に身につけておきたいのは〝お金の知恵〟。
      つまり、ファイナンシャルリテラシーだ。
      投資、金融、資産運用、経済関連、財務などの理解力をいまのうちにしっかり身につけておきたい。
      ファイナンシャルリテラシーがあるかどうかで、人生は「お金のために自分が働く」か、「自分のためにお金を働かせる」かに大きく分かれる。
      自分の人生だ。お金のために働かされるのはイヤだ。
      そう強く感じた私(金川顕教)は、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのように「起業するか投資家になり、お金を働かせる人生」を目指そうと決意した。

      POINT お金の知恵を身につけると人生観が一変する。

20代の生き方で人生は9割決まる!

金川顕教

かんき出版

Chapter1 仕事より

一流大学卒業という学歴、安定した一流企業の社員という立場、難関な公認会計士の資格。それらをすべて捨て、非常識といわれる行動をしてきた著者が20代でありえない成功を収めた、その考え方、ノウハウを公開!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ