HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

お金を使わない=ガマンの人は要注意!『お金を貯める』思考が危険なワケ

『ストレス発散にパーッとお買い物♪』が好きな方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?しかし、お金を使わない=ストレスとなる方は注意が必要です。
どんな性格の人も立ち直らせる家計再生のプロ・横山光昭が『パーッとお買い物♪』に警鐘を鳴らすワケをご紹介します。

横山光昭

  • 閲覧数:223 views

目次

  1. ○お金を使ってストレス発散!はダメ
     
    • --お金を使うときの注意点
      お金を使ってストレス発散!はダメ

      よく、「ストレスがたまった時の発散方法として、買い物をしてパーッとお金を使う」という方がいらっしゃいますが、お金を使うことで気持ちがスッキリする、という構図がそもそもよくないように思います。スッキリする使い方、というのはまず買い方としてよくないですね。
      たとえば、私は車が趣味ですけれど、車を買ったからといって、全然スッキリはしません。車はれっきとした「資産」だと思っているからです。
      お金を使って車を買ったからといって、すべてが消えるものではありませんよね。車は資産として残ります。
      そもそも、「お金を貯めよう」とする気持ちも違うのかな、という気がしています。なぜなら、そこには「ガマンして」とか「頑張って」とかいう気持ちが隠れているからです。「使わないようにしよう」と思っている時点でストレスがたまりますよね。
      本来、貯金というものは、「自然と貯まる」ものなんです。実際、お金を貯めている人は、ガマンしたり、頑張ったりしていないから、そこにストレスも感じない。
      「買い物をしてストレス発散」ということは、今までお金を使わないことでストレスをためてきたことの裏返し。
      使うことがうれしい、と思っている時点で、「お金を使わないようにガマンしている」のでしょう。
      そう考えると、なにより大切なのは「使う」と「貯める」のバランスだと思います。

関連記事

この記事に関するタグ