HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

家計再生コンサルタントが教える!ダイエットとお金の意外な共通点とは

太ったからダイエットをする、お金が無いから貯金をする…どちらも動機としてよく聞くセリフですが、どちらにもガマンがついて回ります。
しかし、ガマンは辛いもの…。そこで今回は体重とお金、どちらとも無理なく付き合う考え方をご紹介します!

横山光昭

  • 閲覧数:204 views

目次

  1. ○ダイエットとお金の意外な共通点
     
    • ダイエットとお金の意外な共通点

      使いたいから貯める、という要素も当然あります。
      私は、お金を貯めるために楽しみを「お預け」にするとか、理性で欲求を抑え込んで、といった「お利口型」の貯め方はできないタイプです。やってみたいことにはお金をかけてでも果敢にチャレンジしたいし、ちょっと高いお店にも行ってみたい。そう思った時にはきちんとお金を使いたい。それができるように、お金を貯めるようなところがあります。
      友人にダイエットしている人がいます。
      「どうしてダイエットしているの?」と聞いたら、普通は「最近、体型が……」とか「ちょっと太ってきちゃったから」というような答えが返ってくるものですが、その人は「食べたいから」と言うんです。
      曰(いわ)く、「自分は食べたらすぐに太る体質だから、ちゃんとしたものを食べる前にはダイエットをして、一度落とす」のだそう。「この日にレストランを予約して、コース料理をしっかり食べたい」と思ったら、その日に向けて食事制限などをして、一度体重を落とし、当日ガッツリ食べてもプラスマイナスゼロになるよう調整しておくというわけです。
      それってメリハリですよね。「ああ、自分はお金に対して、同じように考えているところがあるな」と思いました。「なにかの時にしっかり使いたいから、その前に貯める」という考え方なのだな、と。
      そういう意味でお金の使い方とダイエットって、どこか似ているところがあります。お金は、節約もせずに欲しいものをただただ買って使い続ければ、どんどん手持ちがなくなっていく。体重は運動や食事制限もせずに、食べたいものをただただ食べ続けていたら、どんどん増加の一途をたどります。
      お金を使う時にはしっかり使う。絞る時には絞る。そんなメリハリをつけるのが、無理のないお金とのつき合い方なのではないかな、と思います。
      ずっと節約し続けるのも、ずっとお金を使い続けるのもよくないのです。
お金に好かれる人のルール!

お金に好かれる人のルール

横山光昭

飛鳥新社

お金を使ってストレス発散は駄目より

売れっ子マンガ家にして貯金ゼロの桜沢エリカさんが、仕事論と人生が楽しくなるお金の使い方を赤裸々告白! そして、どんな性格の人も立ち直らせる家計再生のプロ横山さんが、自身のお金の体験談や貯金法まで初めて大公開!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ