HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

管理栄養士さんおすすめ!A型さんにぴったりのダイエット方法とは

血液型で人の性格を判断するのは非科学的だと思われる方も多いでしょう。しかし、血液型にはルーツがあり、そこには生活環境の変化が影響しており、つまりは血液型によって適した食事が異なるという研究が進められています。
日本人に一番多い血液型であるA型はどのような食生活が適切なのでしょうか?4000件以上もの栄養指導を行ってきた管理栄養士がご紹介します!

  • 閲覧数:567 views

目次

  1. ○本日よりダイエットにチャレンジすることをやめてください。
  2. ○流行ダイエットを追うな
     
    • 本日よりダイエットにチャレンジすることをやめてください。

      A型にとって、これが健康を築くうえで何よりの重要事項です。

      「ダイエットしても思うような成果が出ない」

      「一時的にやせることはできても、リバウンドしてかえって体重が増えてしまう」

      ……など、多くの人が経験することですが、なぜこんなことが起こるのでしょうか。

      ダイエットにチャレンジすることによって、自分の体に適する食事や運動からかけ離れてしまうからです。
      ダイエットとは本来「健康な状態」という意味です。健康になるための食事をすることがダイエットです。ここに「痩身」の意味が加わったのは、飽食の現代、栄養過多で肥満になり、それによって健康を害する人が先進諸国で激増したため、健康をとり戻すには食事制限が必要となったことに理由があります。いつしかダイエットとは、痩身を目的とする言葉として使われるようになり、やせるための方法ならばなんでも
      ダイエットという名で呼ばれてしまうようになりました。
      そのなかには、明らかに健康を害する方法がたくさん含まれます。
      ストレスに弱いA型にとって、体に適さないダイエットへのチャレンジは、コルチゾールの分泌量を増加させることにつながります。コルチゾールには、脂肪を合成し、血糖値を上げ、食欲を増大させる作用があります。
      無理なダイエットは、A型にとって太りやすい体をつくることになるのです。
      それだけではありません。
      コルチゾールが過剰に分泌すると、免疫力が低下し、活性酸素の発生量が増えます。これによりがんや脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病の礎が築かれ、アレルギー性疾患や自己免疫疾患などの免疫系の病気の症状が悪化してしまいます。
      美的感覚に優れたA型ですから、美容のためにやせたいと願う気持ちは強いでしょう。しかし、ダイエットは、やせにくい体をつくり、病気の芽を体内で育ててしまうことになりかねないことを自覚してください。
    • 流行ダイエットを追うな

      A型には、流行するダイエットのほとんどが適さないと考えてください。
      たとえば、糖質制限食やバナナダイエットをしてはいけないことは前にお話ししました。とくにやってはいけないのは、1つの特定の食品や栄養素をとり続けるタイプのものです。これには注意してください。
      また、カロリー制限するダイエットもしてはいけません。「カロリー神話」という言葉をご存知でしょうか。一般的な成人の摂取カロリーの目安は、1日約1800〜2000キロカロリーとされます。これは、体のエネルギー消費量から算出された数字です。よって、この目安とされる摂取カロリーよりも、1日の摂取量を減らせば、体は脂肪を燃やしてエネルギーとするためにやせる、という計算になります。
      しかし、計算通りには決してならないのが人間の体であり、自然界の成り立ちです。「カロリー神話」から、さまざまなダイエットが生まれてきます。1日1食を特定の商品に置き換えるダイエット法は、その極みです。ノンカロリー、ノンシュガー、カロリーオフなどの食品や飲み物も多種多様です。こうしたものを選んではいけません。
      カロリーを削るためにどんな操作がされているのかは、原材料欄に示されています。
      本物の食品を使えばカロリー値が高くなるため、本物によく似た味と見た目を演出するため、合成甘味料や香料、着色料が使われています。その多くは、化学合成された化学物質です。化学物質の多くは、石油などからつくられています。
      食品添加物として許可された石油系の化学物質は、安全性テストが義務づけられています。摂取量はわずかだから大丈夫だともいわれます。しかし、添加物同士の食べ合わせや長期間摂取した場合の人体への影響は、明らかにされていないのです。
      また、カロリー値が低いというのは、エネルギーになりにくいことを表します。
      そんなものばかり食べていると、体は燃料不足になり、エネルギーを節約するために体温を下げるなど、省エネ体質になってしまいます。カロリーオフの食品をとることは、意に反してやせにくい体づくりに一役買ってしまうのです。
      スリムで美しい健康体をつくりたければなおのこと、本物の食材を使ったおいしくて温かい料理を食べることです。

      ポイント

      無理なダイエットはやせにくい体をつくるもと

A型のための病気にならない食事のルール

A型のための病気にならない食事のルール

日下部 淑美

かんき出版

第3章「決定版」A型のための病気にならない5つのルールより

本書ではA型の人が食べて良いもの悪いもの、またその理由についてわかりやくまとめてあります。「血液型は眉唾もの」--と思い込んでいる人こそ実践してみてください。驚くほど効果があります。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ