HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

疲れをリセットしてくれるパジャマの選び方

水泳には水着、マラソンにはランニングウェアが最適なように、睡眠に向いているのは部屋着ではなくパジャマです。
寝かしつけ絵本の決定版『おやすみ、ロジャー』の監訳者であり、1万人の眠りを変えた快眠セラピストの著書から、快適に眠れるパジャマ選びのポイントをご紹介します!

  • 閲覧数:149 views

目次

  1. ○パジャマに着替えて疲れをリセット!
  2. ○パジャマ選びのチェックポイント
     
    • パジャマに着替えて疲れをリセット!

      水泳には水着、マラソンにはランニングウェアが最適なように、睡眠に向いているのは部屋着ではなくパジャマです。
      生地は、綿やシルク、オーガニックコットンを使った、スムースニットやダブルガーゼなどがやわらかくてオススメです。夏は、肌に貼りつかない楊柳やサッカー、ダブルガーゼが快適です。
      家に帰ったら時計やベルトを外したくなるように、睡眠中の締めつけは少ないほうがリラックスできます。新しく買ったパジャマのゴムが少しでもきゅうくつに感じたら、ゴムを入れ替えてください。細くてやわらかいゴムを二重に、腰から落ちない程度に調整するのがいいでしょう。
      私も、部屋着のまま寝ていた時代がありました。しかしあるときパジャマを着て寝たら、翌朝体が軽くなっていたのです。部屋着の生地は布団との摩擦が大きいため、寝返りのときにかけ布団も一緒に動いてしまい、余分な力を使っていたのでしょう。
      パジャマに替えたら、体だけがかけ布団の中で動くようになりました。
      冬用のモコモコした部屋着は摩擦が大きいだけでなく、汗を吸わないので体温調整ができません。とくにパーカは最悪。首が疲れてしまいます。
      睡眠の疲労回復効果を感じるためにも、パジャマを着ましょう。
    • パジャマ選びのチェックポイント

       □締めつけないか

       □吸湿性がいいか

       □肌ざわりがいいか

       □ゆったりしていて動いたときにつっぱり感がないか

       □寝返りをしたときに生地が巻き込まれないか

驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100

三橋美穂

かんき出版

第3章 気持ちよく眠れる環境を作るコツより

みんなが待ってた、睡眠大全!「普段なかなか寝ない子どもがスヤスヤ眠った! 」と各所で話題、寝かしつけ絵本の決定版『おやすみ、ロジャー』(飛鳥新社)の監訳者が手がけました。キャリア20年、1万人の眠りを変えた快眠セラピストがあなたの悩みを解決します。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ