HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

高反発?低反発?自分に合ったマットレスの選び方

寝かしつけ絵本の決定版『おやすみ、ロジャー』の監訳者であり、1万人の眠りを変えた快眠セラピストの著書から、眠り方や体格別のマットレス選びのポイントをご紹介します!

  • 閲覧数:117 views

目次

  1. ○マットレス選びのポイントは?
  2. ○マットレス選びのポイント
     
    • マットレス選びのポイントは?

      体を支えるマットレスと枕は、寝具で最も重要なアイテムです。マットレスは、見た目で違いがわかりにくいので、選び方の基本を知っておきましょう。
      ゆっくり沈んでゆっくり戻る、体圧分散性に優れる「低反発」は、睡眠中の動きが少ない人や、睡眠時間が3〜4時間のショートスリーパーに向いています。
      睡眠前半は睡眠が深く、あまり動かないからです。
      「高反発」はいろいろな硬さがありますが、硬めのものは筋肉質の人やアスリート向きです。あお向けで横たわって腰が浮いたり、かかとが外側に開いたら、硬すぎるサイン。お尻が押し上げられて骨盤が開き、足が外側に回転するからです。
      低めの枕が合う人は、硬いマットレスだと肩が圧迫されるので、やわらかめのものを。ソフトな感触で適度な反発力もある「中反発」がオススメです。
      マットレスは、「体圧分散性」と「寝返りのしやすさ」のバランスが重要。一般的には、スリムな人は「やわらかめ」、標準体型の人は「中くらい」、ガッチリ体型の人は「硬め」が合います。
      ただし、それまで使っていたものとの硬さが極端に違うと違和感があるので、硬めを使っていたスリムな人と、やわらかめを使っていたガッチリ体型の人は、「中くらい」にしましょう。お店で試すときは、枕も一緒に合わせるのがベストです。
    • マットレス選びのポイント

      硬すぎる
      硬すぎる

      背中、お尻、かかとが圧迫されて、疲れがとれにくい

      やわらかすぎる

      お尻が沈むので負担がかかり、寝返りもしにくい

驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100

三橋美穂

かんき出版

第3章 気持ちよく眠れる環境を作るコツより

みんなが待ってた、睡眠大全!「普段なかなか寝ない子どもがスヤスヤ眠った! 」と各所で話題、寝かしつけ絵本の決定版『おやすみ、ロジャー』(飛鳥新社)の監訳者が手がけました。キャリア20年、1万人の眠りを変えた快眠セラピストがあなたの悩みを解決します。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ