HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

のべ9万人を施術した整体師が教える!手首ストレッチ

整体と聞くと、強い刺激を与えられるイメージがありませんか?しかし、弱い刺激こそが脳に伝わり、こりが改善するのだと、のべ9万人以上を施術した、「日本一痛い顔が嫌いな整体師」である中村守さんは言います。肩こりに効く手~腕の筋肉を緩める10秒ストレッチをご紹介します。

中村守

  • 閲覧数:1,312 views

目次

  1. ○指、手、腕の筋肉伸び伸びストレッチ
  2. ○前腕ゆるゆるストレッチ
  3. ○手首クルクルストレッチ
  4. ○ジャンケン グー、パー・ストレッチ
  5. ○ストレッチを行なう際の注意点
     
    • 指、手、腕の筋肉伸び伸びストレッチ

      このストレッチのポイントは

      手のひらの筋肉や、手首からひじ、ひじから肩関節までの骨のねじれ、そして、手首からひじまでの2本の骨の間隔や筋肉をゆるめます。


      01

      右手の人さし指に左手の薬指、右手の中指に左手の中指、右手の薬指に左手の中指を合わせます。

      右手の3本の指が90°に反るように、左の指に力を入れます(無理のない範囲でOK)。

      筋肉のびのびストレッチ01

      02

      01の状態から右のひじを前へまっすぐ伸ばします。

      筋肉のびのびストレッチ02

      03

      右の手のひらや腕に心地良い緊張を感じたら、指先を中心に右手首で円を描くように10秒間回します。終わったら、左手も同様に行ないます。

      筋肉のびのびストレッチ03

      POINT

      まず左の指で右の指を伸ばしてあげ、その次に右のひじを伸ばすことで、順序良く効果的にゆるめることができます。

      筋肉のびのびストレッチPOINT

    • 前腕ゆるゆるストレッチ

      このストレッチのポイントは

      手首からひじまでの親指側の骨を反対側の手で押さえ、手首を内側にねじることで、親指側の骨に関係している筋肉をゆるめます。


      01

      右手の親指側の骨に左手の親指を押さえます。左手の人さし指から小指は、右手の小指側の骨を押さえます。そして右手のひじを伸ばします。

      左手を動かさないで、右手を内側にねじってみましょう。心地良い痛みを感じたら10秒間そのままキープ。

      前腕ゆるゆるストレッチ01

       OK

        左手で右手をしっかり押さえていると、右手首を回そうとしてもあまり動きません。

      前腕ゆるゆるストレッチOK

       NG

        左手でしっかり押えていないと、写真のように右の手のひらが回ってしまいます。

      前腕ゆるゆるストレッチNGjpg

      02

      左手の位置をずらして(右手の手首からひじ側へ少し移動)、01と同様にねじって、10秒間キープ。少しずつずらして同じようにストレッチしてみてください。

      前腕ゆるゆるストレッチ02

      左手で押さえる位置を少しずつひじのほうへずらしながら、同じストレッチをくりかえしてください。
      前腕ゆるゆるストレッチ02補足

    • 手首クルクルストレッチ

      このストレッチのポイントは

      5本の指の関節や骨を回すことで関節を正しい位置にもどし、指の筋肉をゆるめます。


      01

      左手の親指と人差し指で右手の親指の第一関節を持ち、そこを中心に右手を回します。外側に10回、内側に10回回しましょう。

      手首クルクル01

      02

      親指が終わったら、人差し指、中指、小指と同様に行ないます。また第一関節が終わったら、第二関節を持って、同様に行なってみましょう。

      手首クルクル02

       OK
      手首クルクルOK

       NG
      手首クルクルNG

      左手を動かさないように注意しましょう。
    • ジャンケン グー、パー・ストレッチ

      このストレッチのポイントは

      親指を上にして反対側の手で手首を押さえることで、手首の骨を正しい位置にもどします。グー、パーの動きで、手首の8個の骨を正しい位置にもどすことができます。


      01

      左手で右手首を手前に引きながら、右ひじを伸ばします。右手をジャンケンのグーのように握ります。

      グーパー01

       NG

        握るときは、親指は外に出さないようにしましょう。

      グーパーNG

      02

      次にパーにして開き、グー、パー、グー、パーと10秒間くり返します(グーに握るときは親指を中に入れます)。反対側の左手も同様に行ないましょう。

      グーパー02

    • ストレッチを行なう際の注意点

      治療院に来院され、肩こりの治療を受けたとしても、もちろんすべての人が改善されるわけではありません。
      とくに強い刺激を求めていらっしゃった方や、刺激の強い治療をそれまで行なってきた方は、まず最初にお伝えしなければならないことがあります。
      それは詳しくは第二章でお伝えしますが、「弱い刺激」は、「脳まで伝わる⇒脳から筋肉をゆるませるように指令が出る⇒筋肉がゆるむ⇒肩こりが改善」
      という良い結果をもたらすということです。
      ところが「強い刺激」は、
      「脊髄反射⇒脳に伝わらない⇒患部の筋肉の抵抗があり、筋肉が芯からゆるまない⇒さらに肩がこる」
      という悪循環を引き起こしてしまうのです。
      「強い刺激」は、クセになることはあっても根本的な解決策にならないことを、まず最初に認識していただく必要があります。
      「強い刺激」を求めて、肩の筋肉を強くもんだり叩いたり、押したりすると、肩こりが改善されることはなく、また肩の筋肉がかたい状態にもどってしまいます。
      本書で紹介しているストレッチの効果を最大限に活かすためにも、そういったクセのある方は、とにかく肩に「強い刺激」を与えないよう心がけてください。

肩こりは手首をふるだけで9割治せる

中村守

実務教育出版

第一章 肩こりを治す究極のストレッチ「10パターン」より

肩こりは、腕のねじれが原因の9割! のべ数万人の患者を施術してきた整体師が、ついに見つけた肩こりの原因。それが腕のねじれだった! 職場でのパソコンが当たり前になり、ふだんはスマホやタブレットをいじりっぱなし。首と腕を酷使しつづけることで生まれる肩こりで、頭痛やめまい、果ては日常生活を送ることさえ困難な患者が、著者が考案した10の「手首ストレッチ」で、驚きの改善効果を実感! 辛い肩こりに悩むすべての人へ、どこででも、短時間で、自分でできる、速攻効果100%のストレッチを伝授する!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ