HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

美人顔の黄金比率【歯科医師執筆】

「美の黄金比率」という説をご存知ですか?世界的に美人を割り出すときに使われる考え方で、ほとんどの人が直感的に「美しい」と感じる顔立ちのようです。しかし、人種が異なれば骨格はまったく異なります。ならば美しさの基準も異なるのでは?デンタル美顔術を提唱する歯科医師の著書から日本人ならではの美の基準についてご紹介します。

是枝伸子(アクアタウン歯科クリニック副院長)

  • 閲覧数:1,741 views

目次

  1. ○日本人ならではの美の基準を追求せよ
     
    • 日本人ならではの美の基準を追求せよ

      「美の黄金比率」という説を耳にしたことがあります。世界的に美人を割り出すときに使われる考え方で、黄金比というからには、ほとんどの人が直感的に「美しい」と感じる顔立ちのようです。「美の黄金比率」は次のように定義づけされています。

      ①顔全体のバランス

      ・ 髪の生え際から眉頭の下、眉頭から鼻の下、鼻の下からあご先まで、この3つの間隔が均等、つまり1対1対1。

      ・ 顔の横幅が目の横幅の約5倍。

      ②パーツの位置

      ・ 小鼻の外側と目尻を結ぶ延長線上に眉尻が来る。

      ・ 鼻先とあご先を結んだ線に下唇が重なる。もしくは少し引っ込んでいる。

      この「美の黄金比率」は一説によると、世界中の若い女性の平均顔からとったものだともいわれ、私たちのようなアジア人だけでなく、白人や黒人など、異人種間も一緒くたにして割り出したもののようです。
      「目・鼻・口」といったパーツは同じでも、人種が違うと骨格がまったく異なりますので、その位置や大きさ、形が違うのも仕方ありません。ということは、彫刻のような骨格を持ったギリシア人と、“平たい顔族”の日本人を一緒にしても意味がないのではないか? と思いました。
      私のサロンにいらっしゃる美女の顔を計測しても、「美の黄金比率」にピタッと合致する方は皆無です。ですが、彼女たちは、うっとりするぐらい、とても美しい。つまり、「美の世界基準と違うから」と諦めるのではなく、日本人ならば日本人ならではのよさに気づき、“平たい顔族”なりの美しさを追い求めたほうがいい……という考えにいきついた私は、連日連夜、美人といわれる方の顔と一般人の顔を計測し、分析しました。それこそ何千人という女性たちの顔と向き合い、日本人の美人に共通する“何か”を見つけようとしました。
      そこで発見したのが、世界基準とは違う「日本人ならではの美の基準」。その基準は、顔の「下半分」が鍵だったのです。
      黄金比率を再現した顔
      黄金比率を再現した顔
      この均整のとれたバランスは、現実的にはなかなかいません。
      パーツ位置における黄金比率
      パーツ位置における黄金比率
      骨格が異なるので、欧米人と日本人では横顔もまるで違います。

顔下半分で美人に魅せる!

是枝伸子

永岡書店

Lesson1 「美の新基準」に着目せよ!より

あなたが美人に見られるかは「顔の下半分」で決まります! 本書では、歯科医師が考案した話題の美顔メソッド「デンタル美顔術」をマンガでわかりやすく解説しています。即効性が高い「顔筋ピラティス」に加え、美顔の精度を高める「クイーンライン(顔下からデコルテ部分)」のケア法を初公開!

     width= 楽天ブックス オムニ7

オススメPR

関連記事

この記事に関するタグ