HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

【医師執筆】胸が大きくて肩こりになっている人のための解消法

胸が大きいと肩こりになりがち。重い荷物なら下ろしてリラックスできますが、もちろん胸の重さは四六時中ついてまわるもので、なかなか肩こりから解放されない人も多いですよね。そうなるとやはり付き合い方が大事になります。解消の秘訣となる姿勢やブラジャーの選び方をご紹介します。

北村珠希

  • 閲覧数:146 views

目次

  1. ○おっぱいが重くて、肩こりになりがち……解消法はある?
  2. ○肩こりしない姿勢を体に覚えさせる
     
    • おっぱいが重くて、肩こりになりがち……解消法はある?

      ・丸まりがちな背を正し、首や肩の血行をよくする

      肩ひもやベルトが太くカップが大きいブラジャーを着ける

    • 肩こりしない姿勢を体に覚えさせる

       3つのポイント

      肩こりしない姿勢3つのポイント

       ①あごを引く

       ②下腹部に軽く力を入れる

       ③骨盤をしっかり立てる

       こんなブラジャーがいい!

      こんなブラジャーがいい

       ・肩ひもやベルトが太い

       ・おっぱい全体を包み込めるフルカップ

      頭+おっぱいだけでおよそ5~6kgある
      おっぱいの重さはA~Fカップで、約300g~1㎏程度。加えて、人の頭の重さは約5㎏。これを支えている首や肩の筋肉への負担は、おっぱいが豊満な人ほど大きくなるのは当然です。
      また、おっぱいが目立たないように猫背になるのがクセになっていると、筋肉が硬まって血行が悪くなり、疲労物質が滞りやすくなります。
      猫背による肩こりの対策としてまずやるべきは、首や肩へ負担をかけない姿勢をクセづけることです。上の3つのポイントを守るだけで肩こりが改善する人も多いようです。
      また、ブラジャーは肩ひもや胴回りのベルトが太いもので、胸全体をしっかり包み込めるフルカップを着用すると、肩に重さが集中せず、肩こりになりにくくなります。

おっぱいケア手帖

北村珠希

主婦の友インフォス

第1章 おっぱいの基礎知識とソボクな疑問編より

おっぱいのサイズ、色、形など見た目の悩みから乳がんをはじめとした病気のことまで1問1答で解説。健康美乳を育てるコツが満載。本書は、自己ケア方法の指導から、美容手術までを手がける銀座みゆき通り美容外科の医師がやさしく解説します。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ