HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

【医師執筆】バストアップサプリメントに含まれる成分の効用

インターネットやドラッグストアでバストアップサプリメントを見かけることがあると思います。それらのサプリメントにはどのような成分が含まれるのでしょうか。よく使われてる4つのハーブについてご紹介します。

北村珠希

  • 閲覧数:632 views

目次

  1. ○サプリメント選びは成分に注目
  2. ○バストアップサプリに含まれるハーブの効用
     
    • サプリメント選びは成分に注目

      ・広告表現だけでなく、成分をチェックすることで自分の欲しい効果が得やすい

      ・ただし、薬ではないため効果がはっきりしない部分もある

    • バストアップサプリに含まれるハーブの効用

       チェストツリー

       クマツヅラ科の植物。ホルモンバランスを整える作用があるとされ、生理痛、生理不順、PMS、更年期障害の改善や、母乳の出をよくするメディカルハーブとして用いられている

      チェストツリー

       レッドクローバー

       マメ科の植物。イソフラボンの含有量が多い。子宮や乳房、卵巣よりも、骨や心臓、血管で働く性質をもつと考えられている。肌トラブル改善効果も

      レッドクローバー

       プエラリア・ミリフィカ

       タイの森林地帯に自生するマメ科の植物の根を乾燥させたもの。エストロゲンに似た強い作用を持つ。バストアップや更年期障害の改善に役立つと考えられている

      プエラリア・ミリフィカ

       ブラックコホシュ

       キンポウゲ科の植物で、生理痛やPMSの緩和に用いられてきたメディカルハーブ。ホルモンバランスを整えると考えられ、更年期障害や、自律神経失調、不眠などの改善に役立てられる

      ブラックコホシュ

      成長期や妊娠・授乳中の使用は慎重に
      バストアップ効果をうたうサプリメントは、植物性のハーブに由来するものが多いようです。
      中でも、イソフラボン類よりも強力な植物性エストロゲンが含まれる、プエラリア・ミリフィカという植物が注目されています。エストロゲンと似た働きをすることから、バストアップが望めるといわれているのです。
      また、チェストツリーというハーブは、ホルモンバランスを整え、生理痛などに効くとされています。サプリメントを選ぶ際は、こうした成分を確認しながら選ぶと、自分に合ったものが見つけやすいでしょう。
      ただし、サプリメントは薬ではないので、分量のガイドラインや効き目の科学的な証明はありません。体がデリケートな成長期、妊娠・授乳中に摂取する場合は、医師やハーブの専門家に相談すると安心です。
大人女子のためのおっぱいケア手帖

おっぱいケア手帖

北村珠希

主婦の友インフォス

第1章 おっぱいの基礎知識とソボクな疑問編より

おっぱいのサイズ、色、形など見た目の悩みから乳がんをはじめとした病気のことまで1問1答で解説。健康美乳を育てるコツが満載。本書は、自己ケア方法の指導から、美容手術までを手がける銀座みゆき通り美容外科の医師がやさしく解説します。

     width= 楽天ブックス オムニ7

オススメPR

関連記事

この記事に関するタグ