HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

ダイエット中つい買ってしまうお菓子やいただいてしまうお菓子の対処法

お腹が減っているわけでも大好物というわけでなくても、お菓子が視界にはいるとついつい食べたくなってしまう、という女性は少なくないのではないでしょうか。そんなあなたにおススメの、太りグセを防ぐ部屋づくりのポイントをご紹介します。

本島彩帆里

  • 閲覧数:125 views

目次

  1. ○なんとなく食べの積み重ねで太ってしまう
     
    • なんとなく食べの積み重ねで太ってしまう

      あなたの家や職場には、おかしを置いておく場所がありますか?私(本島彩帆里)の実家にはおかしが常備してあって、お腹が空いているわけでも、「大好物だから食べたい!」というわけでもないのに、なんとなく食べてしまうことが多くありました。
      ひとり暮らしを始めてからも、ダイエット中なのに実家に帰ると「ま、いっか」と目の前にあるおかしを食べてしまっていました。この小さな積み重ねが、太りグセだったんです!
      おかしの保管場所があると、目についたら食べたくなってしまうので、なくしてしまいましょう。どうしても食べたいときには、買いに行くようにして、おかしをすぐ食べられない環境にします。
      こうして、ワンクッション置くようにすると、なんとなく食べていたのが、「本当に食べたいのかな?」と考えるようになりますし、「買いに行くのが面倒だから食べない」という選択肢も生まれます。
      それでも毎日のようにおかしを買いに出てしまうなら、白砂糖依存症に陥っている可能性大。食生活の根本を見直して、体質や味覚を改善する必要があります。
      いまあるおかしのストックや、たくさんもらったおかしは、ひとりで消化しようとせず、周りの人に配りましょう。お土産でもらったおかしは、ひとりで食べずにシェアすることで、食べすぎを防ぐことができますよ。

太るクセをやめてみた

本島彩帆里、撮影/川しまゆうこ

主婦の友インフォス

太りグセ25より

インスタフォロワー27万人。産後20kgヤセした人気ダイエットアドバイザーが、あなたの太りグセを明らかにします! あなたの「太っている原因」=「太りグセ」、わかっていますか? ダイエットは思っている以上にシンプル。無意識の「太りグセ」に気付いて改善すれば、するするヤセていきます。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ