HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

床の凹みを修復する方法(フローリング/畳・カーペット)

床の上に物を置かないことはないと思います。特にテレビ台や冷蔵庫など重い家具や家電を模様替えで配置換えしようとしたとき、床に凹みができていることがあります。そんな床の凹みを修復する方法をフローリング、畳・カーペットそれぞれ紹介します。

能力開発研究会

  • 閲覧数:1,119 views

目次

  1. フローリングの床の凹みを修復する方法
  2. 机やタンスを移動させた時にできる、畳やカーペットの凹みを修復する方法
     
    • フローリングの床の凹みを修復する方法

    • 凹み部分に虫ピンで小さな穴をあけて水を数滴垂らし、周囲も少し水で湿らせ一晩おいておくと、修復できます。
      木材のフローリングであれば、小さな穴をあけてそこに水を数滴垂らして、一晩待てばある程度修復できます。これは、乾燥していた木材に少し湿気を取り戻させることで、再生されるからです。木材の場合、一度凹みができてしまうと戻せないのではないかという気になってしまいますが、わずかな凹みであればこの方法で戻せます。
       ただ、大きく部分的に深く凹んでしまっているような場合は、難しいかもしれません。凹みの程度を見て試してみてください。
    • 机やタンスを移動させた時にできる、畳やカーペットの凹みを修復する方法

      凹みの部分に上から濡れ雑巾をのせて軽くアイロンを当てるだけです。
      凹んでいる部分に、少し湿らせた雑巾をのせて、上から軽くアイロンを当てて蒸します。これで、カーペットや畳のい草の繊維が膨張して凹みが元に戻るのです。
      スチームアイロンでもこの方法は可能です。この場合、少し間をあけてアイロンが畳やカーペットに接触しないように注意してください。要は、水分と熱を与えるということがポイントとなります。
暮らしの知恵大全

生活の知恵大全

能力開発研究会

スマートゲート

全てより

◆◆一生使える豆知識が満載!◆◆暮らしに役立つ生活の知恵から、 知っているだけで得をする節約術を厳選収録しました!あなたの暮らしが豊かになる、暮らしの知恵×100連発!

    楽天ブックス

オススメPR

関連記事

この記事に関するタグ