HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

間が悪い人の特徴と察する人になるためのコツ

相手が本当は何を言おうとしているか、何を求めているか、そういった「本当の意味」をすんなりと察することが出来る人がいる一方で、本心に気づかず空回りしてしまう間が悪い人もいます。両者にはどのような違いがあるのでしょう。違いを知って「間が悪い人」も「察しのいい人」を目指しましょう。

中谷彰宏

  • 閲覧数:356 views

目次

  1. ○相手がしていることより、なぜそうしているかを考える。
     
    • 相手がしていることより、なぜそうしているかを考える。

      間の悪い人は、相手の行動を見て考えます。
      察する人は、相手がなぜその行動をしているかを考えます。
      行動は、何かを考えた結果、していることです。
      間の悪い人は、相手に感情があることに気づいていません。
      行動は感情から生まれます。
      行動よりも感情に対応するほうが適切な行動がとれるのです。
      たとえば、ある病院が壁に落書きが増えて困っていました。
      病院の掃除をしている人が、その壁に「落書きするな」と書きました。
      すると、よけい落書きが増えました。
      これは、「落書き」という行動に対する対応です。
      落書きをするのは、その病院に「具合が悪いのに待たされている。落書きでもしないとやってられない」というギスギスした空気があるからです。
      ギスギスした空気をやわらげるには、落書きを消すよりも、ここに絵をかければいいのだと掃除のおばさんは考えました。その結果、落書きはなくなりました。
      これが結果より理由を考えて対応するということです。
      夫婦ゲンカでよくあるのは、旦那さんが奥さんのためにしたことに対して、奥さんから「私がしてほしいのはそういうことじゃない。私の気持ちをひとつもわかってくれていない」と言われることです。
      これは、奥さんの要望や行動の結果から対応したことによるミスです。
      「なぜそうしたか」を考えることで、察することができるのです。

      本当の意味がわかる人になる習慣

       結果より、理由を見よう。

察する人 間が悪い人

中谷彰宏

ぱる出版

03 相手がしていることより、なぜそうしているかを考える。より

「本当の意味」がわかる人が愛される間の悪い人は、言葉を聞く。察する人は、気持ちを受け取る。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ